« 9月と対峙という美学。 | トップページ | ボイコットの行方。 »

2012年9月 3日 (月)

ものは言いよう。

ものは言いよう。
ものは言いよう。
今日は品川のエプソンアクアスタジアムに外出。
本当は先週行き詰まりすぎて
スタジオキャンセルする
なんて事をおこしたので
江ノ島詣でついでにスパの予定でしたが
雨が酷すぎて変更です。

品川のショッピングモールの奥にこの水族館があるのですが
水槽は少なめな割に立派なイルカプールがあり
せっかくなんで一時間時間つぶして
定刻通りのショーを鑑賞することに。

いや、これがすごいわ予想以上!!

演舞中はあの水族館にありがちな
お姉さん子供むけのアナウンスは無く
そういうのは全部演技終了後にまとめて解説。

今日から始まったという
オーケストラ曲に合わせてイルカが飛ぶというプログラムも
程よい緊張感に溢れてました。

イルカショーってのは、彼らが哺乳類で
個別に愛称で呼ばれてるせいか
なんか人間のエゴに純粋な生き物を巻き込んでるよな
ちょっと後ろめたい気分になるんだけど
今回はそれがなかったんだよね

イルカも楽しそうだったし
プレイを嫌がってやんないワガママな奴も普通にいたり
変にイルカにアナウンスをかぶせないから
調教師とイルカの間の信頼関係が
クリアに演出されたのもあるかも。

しかも、イルカと一緒にずぶ濡れになって芸をしてるトレーナーが
イルカサーフィンとかしているのをみると
人間もガチで身体はってて
もはや彼らが加藤鷹に見えたよ。

右も鷹、左も鷹、
なんかね女と身体はって実績作ったみたいな顔で
ずぶ濡れお兄さんたちは
それの女がイルカに置き換わった感じ。

ちなみにこのイルカプールは素敵な事に
最前列から3列目までが
「海水を滅茶苦茶に浴び、
ずぶ濡れになって楽しんでいただくお席」
という呼ばれかたで
ゴンドウクジラなんぞが目の前ではねると本当
波レベルの海水がかかるばかりか
イルカとトレーナーが
一緒になってわざわざ水をかけてきます。
客を安全にしないのが売りという。

ずぶ濡れになり危険です、だと避けたくなるけど

ずぶ濡れでお楽しみてだけで変わりますよね。
わざわざ雨合羽買って前にいっちゃいましたもん。

字ずらだけみると池袋ロサ通りとか
歌舞伎町みたいなのにねぇ…

ちなみに、日頃の神社巡りのせいか
アタシと夫は前なのに場所が少しずれていて濡れないとか
一番濡らす子がご機嫌斜めで芸さぼるとかで
どうしても災難に会わない道ばかり選んでしまい
ご加護はありがたいけど少し複雑でした。

最近やたら運がない人とかいったら
的確に濡れられるかも。
後は地面みて水でビシャビシャの場所に座るとか。

あしかショーも二手に別れてチームにし
お客さんの歓声を集音機にあつめて勝敗競うとか
トレーナーの意欲をあげるよな仕組みづくりも上手いよね〜。

ペンギン水槽の作り方みても
多分海や海辺の動物の扱いや見せ方を
かなり頑張ってると思います。

おすすめです◎

|

« 9月と対峙という美学。 | トップページ | ボイコットの行方。 »