« インカ帝国展にいく。 | トップページ | 紫陽花と休日 »

2012年5月 3日 (木)

未来を変える旦那ちゃんの話。


画像は食べた食器を洗わないズボラ嫁に抗議せんと
結託するオスたちの握手の場面です。

さてこの写真の左側の夫セバスは早春にとある悩みを
抱えていました。キャラ的にここは早漏とか
書いておきたいとこですが、違います。
仕事のシフトの出勤日がニューカマーの登場で激減したのです。

あんまりに不安げだったので嫁は
「おう兄ちゃん、未来とかみてやろっか?」と声をかけました。
そして久々にみてみると何だこりゃ、
職場でただ一人会話の輪に入らず黙々と調理の下準備をし
(夫の仕事はとある店のキッチンです)
たどたどしく下積みする夫の姿が見え、一人をのぞき
その不器用さを見て見ぬ振りな様子が見えたのです。
でもってこの新しいニューカマーちゃんが重用されそうな予感。

ちょっと間を置いてからアタシは夫にみえたことを正直に伝え
「どうせだったら一個の料理を作るタイプの仕事か、せめて
近所で働いたら?」と伝えました。その夜は黙って話に耳を
傾け、ちょっと佐世保バーガー屋さんのバイトとかチェックしてた夫。

その様子を見てアタシは
「このままいったらセバちゃんは近所で仕事して早く帰ってきて
くれるかも☆アタチちゃびちくないかも☆しめしめ。」
とか悪どいピノ子みたいに思っていたのですが・・・しかし!

ぼちぼち一ヶ月たったあたりで蓋をあけてみると
なぜか夫のシフトは増え、というかむしろ休みにヘルプでも
呼ばれるくらいの勢いで頼られ、今日あったことの会話から
いろんな同僚と喋った話が増えてきたのです。

ま、真逆じゃねーか!!

久々にどんハズシしたなと思い、アタシは
「ごめんね・・・」と謝ったのですが、夫はそれに平然と
「別に僕はあんたのそばにいて運命の変え方が他の人より
なんとなく分かるだけだよ」
と答えてきました。

夫がいうには
「職場で孤立してるといわれたから、ちょっと考えて
質問とか家の料理で使った食材の話とかしてまず同僚の
会話に混ざるようにしたんだよね、でもって、
たった一人育てようとしてくれてるっていった人の言葉は
ああ、この人は本気で話してくれてるんだと思って
前より真剣に聞くようにしたんだよ」
とのことで

どうやら言ったことを受け止めた状態で行動したら
未来が変わったということのようでした。

この仕事をしているとつい意識はあたったはずれたとか
運命ってなんだとか深く考え込んでしまうのですが
なんというか、霊視は確定した未来ではなく、
その時点でもたらされた情報ってことなんですよね。

ショックな事いわれたけど本当かな?とか普通なら
不安になったり疑ったりして考えるところを、
夫はそこは受け止め、結果、行動をかえて未来の結果を変えた。
単純というか純粋ゆえに振り回されず勝者になったわけです。

まー、うん、こういう人だから結婚したのかもしれない。

こうしたら未来はこうなるかな、じゃなくてもっと
今を良くするように動けば未来は勝手に変わる。

デッサンでいえば、絵の中のもののカタチが狂っていると
いわれたら、なんでちゃんと描けないんだろうって
タバコ吸いにアトリエを出るよか
いわれた通りにカタチを直して
「うわあ、本当だよくなった!」
と感動した方が成長するのに似てます。

なんというか占いとか運命との向き合い方を
学ばされた一件でした。

多分、大事なのは人の話に耳を傾ける謙虚さとも
いえるのでしょうか、アタシも情報としてとらえて
もらえるようなクリアな伝え方を今後はもっと研究しようと
思います。

くあー腹へった。あの子帰ってきたら入れ替わりで
ラーメン食べにいく予定です、アタシ。ではでは。

|

« インカ帝国展にいく。 | トップページ | 紫陽花と休日 »