« 紫陽花と休日 | トップページ | 取るに足らない程儚い、でも意義はある。 »

2012年5月 6日 (日)

鎧を脱ぎ捨てねば。

鎧を脱ぎ捨てよう。
土用あけにふさわしく
カラッと晴れて暑い日差しが照りましたね。

拠点を大塚に移して以来
自分にもお客さんにも
あるテーマが浮上してます。

なんかね、自分で自分に沸き起こる感情を許せなかったり
幸せだと感じたりそれを求める事を嫌がったり

まるでそういう感情をもつ事で他人から
繊細な心に攻撃を食らってしまうのを避けるような。

その長い間維持してきた護身術を
手放すのは大変な事ですが
その旅にそっと手を添えるのが
アタシの仕事かもと思います。

少なくとも恋愛に関しては
自然は雌雄が出会い結ばれ
種子や子を成すことを奨励するのですから
自己ジャッジの鎧を捨て
身をまかせたら思わぬ素敵な出会いが
待っているやもしれません。

五月の風にアナタと便乗してアタシも
自分から自分を痛めつける鎧を
一つでも脱げたら良いですね。

|

« 紫陽花と休日 | トップページ | 取るに足らない程儚い、でも意義はある。 »