« テルマエロマエを観る | トップページ | けーこさんとの思い出。 »

2012年5月21日 (月)

金環日蝕とアタシ。

金環日蝕とアタシ。
今日は朝六時前に無理矢理起床し
二週間前から楽しみにしていた金環日蝕をみました。
日蝕予定地図を見ながらかけ具合と目安を確認。

ツイッターで他の人のつぶやきを眺めたりしてたのですが
精神世界系の人が書いてる
日蝕はみちゃいかんという呟きを読んでしまい
「ゲッ、まーじかよ俺こんなことみじんも思わなかったぜ」
と動揺したものの(こういうとこ本当ビビり)
テトラも「観たいんだからみようよ」と言うし、
何よりアタシも観たかったから観る事にしました。

金環食の始まる時、空は異様な薄暗さにつつまれ
そんな中寝落ちしかかっていた夫も起きだしたので
部屋を出て外に飛び出しました。

外は思ってたよか沢山の人が空を眺めてまして
サラリーマンや天文部の高校生みたいな集団
小さい女の子までが観察グラスを持ち空を見上げてました。
いつもの掃除のシルバー人材のおじいさんも
レイバンみたいなサングラスして腕組みしながら
眺めていてある意味ハードボイルド。

牛乳配りを終えたお兄さんもiphoneをいそいそと取り出します。

しかし、アタシが特に印象に残った人は
よくエレベーターホールで挨拶するおばあちゃんでした。
大晦日は「孫が明日くるから」とニコニコして
お菓子を買い込んでるおばあちゃん
普段も100円ショップで買い物した小さなビニル袋を片手に
挨拶してくれる、白髪を後ろでキュッと丸めた
おばあちゃんらしいおばあちゃん。

外に出るからなのか今日は白いパーカーみたいな羽織ものに
チノパンみたいなのを履いて
横に風船模様の女の子みたいな平和な絵がついてる
3D映画専用みたいな日蝕メガネをしていました。

「日蝕みえますか?」

と話しかけたもののそれが聞こえないくらいに夢中で
そんなカッコで口をかすかに空けたり閉じたりしながら
ずっと空を眺めているその姿は
なんだかほんわかする光景でした。

ドイツ製のメガネからオレンジに光る
月とランデブーする太陽を観る事よりも
アタシにとってはこの瞬間、沢山の人たちと
同じものをみているこの感じがすごく繋がってる感じでホカホカして

「ああ、アタシが観たかったものはこれだったんだな」

と満たされた気持ちで三百年に一度の五分を堪能しました。

部屋に戻る途中夫も
「小さな女の子からおばあちゃんまでみんな日蝕に夢中だったね。」
とニコニコしながら言い、ああ彼も同じものをみていたんだなと
嬉しくなりました。

自分の心に素直に従えば人間一番見たい風景を観られるもんですな。

今日は日蝕中のチンパンジーを観察する会なども
やってたみたいですが、ウチは猫が二匹とも
普段以上に甘えたがりだったように感じました。
(特にストク)

月と太陽の動きに影響され不安感が増したのであろうか?

多分ここ数日のアタシの極度の気の迷いや
土用でもないのに珍しい人から連絡が来た数々は
PMSだけでなくこいつ(日蝕)の作用もあるのかもしれませんが

月と太陽の動きが自分になんだか影響をもたらすのは
体験済みなので、あとはこれ以降に変化した感情は
押さえ込まずに受け入れて進もうと思います。






|

« テルマエロマエを観る | トップページ | けーこさんとの思い出。 »