« ためらい。 | トップページ | 写真にひとこと »

2012年4月11日 (水)

スッコの先生

スッコの先生
スッコのカビはいったりきたり
やっと止まったけどなんか下痢気味と
一筋縄ではいかない女ですが

今日担当の先生が、奥にいる猫にいきなり威嚇したスッコをみて
「…いいネコだなあ」
と惚れ惚れしておりました。

一回前の診断では、足のハゲをみようと屈んで
尻尾で顔をはたかれるたびに
「ウワッやめろっ!僕にそんな趣味はないんだァッ!」
とやたら嬉しそうにボケてたので、
アタシの中では彼はMという括りになっております。

ちなみに今日、彼の飼っていた犬が
三月に亡くなった事をしりました。

「思い出してしまいますね…」
とアタシが言うと彼は

「いや、思い出す事はないですよ…
心の中で一緒にいますから」
と優しくいいました。

こやつ、霊幻道士のスイカ頭みたいな顔してなかなか言いよるな、
と思ってるアタシの隣で
夫は北斗の拳に匹敵する名言と言って大層感動してました。

夫はそんな先生をエルカホンのきたやんに似てる
といって聞かず、元の名前と合わせてもりやんと読んでます。

こう書くと流れ上
きたやんもスイカ頭に似ている事になりますが、
別にアタシはそうおもってません。

一つ言えるのは、
もりやんの動物診療には人情がある、
ということです。

|

« ためらい。 | トップページ | 写真にひとこと »