« 漫画をめぐる突っ込み | トップページ | 母と娘の価値観 »

2012年2月 9日 (木)

春と子宝、不安定。

春と子宝、不安定。

昨日は旦那とジョジョの後も言い合いに、というか
画像のような気持ちになりアタシが勝手に壊れました。
立春こえると、春の陽気が入り込むわけですが
この陽気、樹木に芽吹かせ花を咲かせるものなので
人間の心にも劇的な変化やら未来を変えたいという
欲求を巻き起こします。
しかし人間というものは仕事や色んな状況で
はやる気持ちに対して現実が動かない、

よってアタシのように思いつきでぱっぱと動きたい
人間にとっては、アイデアが沢山あるのに動けねえ、
というフラストレーションが爆発することになるのです。

さんざっぱら愚痴を聞いても拉致のあかなかった夫は
アタシのやりたいけど出来ないリストを文書で読み込み、
「これは今出来るね、これは手伝える、でも
これはもうちょっと先で考えたら?」
などと仕分けしてくれ、アタシもそれを観てたら

ああ、アタシは自分のプライベートを潰してあくせくしてしまい
そうやってテンパってる位が似合ってるという
他者の期待から抜け出せずに終わると嘆いていたけど
やっぱりこうやってスケジュール書いて埋めていくしかなのね

などと達観してしまいました。
と、同時に、アレを提案されれば嫌といい
コレと言われれば逆ギレするという、
全くもう、好い加減にせいよ!!といいたくなる
お客みたいに自分がなってたので
せっかくだから自分を分析したのですが

これって、アナタはアタシの夫なんだから
一番理解してよ、解ってよ、解決してよ!
という信頼の裏返しの甘えなのだな、なんて思いました。
すまぬ夫、もう少し冷静に自分を話す努力をするよ。

こうやってキーキー騒ぐことの裏側に
子供が出来て生活が激変する事への限りなく拭えない
恐怖があるのは確かです。

計画通り人生を遂行出来るように、もう子供作らない!
と、決めてしまいたくなります。

だがしかし、ここにきて増えてきたママのお客様をみていると
子供ってのは実に不思議なもので存在を受け入れ、
完璧なママになろうとする重荷をおろすと、
不思議な位結果的にママの夢を支えます。

子育てを理由に面倒な関係を切れたり
子育ての中で出来る選択肢を絞ったら、結果的に
やりたかった事しかうまく出来ないようになってたり。

いや、これは、ホント勇気が出るよ。
子宝ってマジかもしれん。

放射能汚染とか、気になる事はたくさんあるけど
でも、今この時代に産まれたいと思っている意思を信じ
産み落としてあげたら何とかなるみたいよ、

だから、だ、だいじょうぶ、だ、だ、だいじょうぶ
…なはずと言い聞かせる最近です。

でも今日、抵抗するマー君を抱き上げようと
背中を丸めたらギックリ背中になりました…
超痛い、痛すぎる
まずは運動不足をなんとかしないとかもしれませぬ。


|

« 漫画をめぐる突っ込み | トップページ | 母と娘の価値観 »