« たまにはいいかななんて。 | トップページ | 缶詰から始まる詰め詰めな1日。 »

2012年2月 5日 (日)

神様ってやっぱいんの?

神様ってやっぱいんの?
「先生神様っているんですか?」
と学生に問われお客様に問われる事が多かった1月、
とりあえず

「あたぼーよ、こちとらそれ聞くことで
オマンマ食うとんじゃ〜」
…という以外の常套句があるので
忘れないうちに書いときます。

アタシ達の心臓がバクバク動いて鼓動を鳴らすように
アタシ達は固有のリズムを持っている。

そういうリズムが合わさり1つに調和した音が神であり
その声といえるだろう。

そして
1つでも演奏やチューニングが崩れた楽器があると
オーケストラが崩れてしまうように、
正しく神の声を聞くためには
自分という楽器をちゃんとならせなきゃいけない。
だから自己愛が大切。

しかしそれは善人ぶれという事とは違う。
己を貫くという事が
チューニングなのだ。

…みたいな。
ちょっとエエカッコしすぎかな。


話は変わりますが、


最近うちの夫がドラクエⅢをやり出しまして
そのパーティーに
あそびにんでお調子者のテトラってのがいるんです。

これが実にテッちゃんに似ている。

魔法使えないのにMP高いとか
うんのよさがやたらあるとか
「うん、だって神様だもん」
といいたくなる。

戦闘中に
「テトラはようきにうたをうたった。」
とか言われると
「うん、いつもどおりだね」とか

ゾンビ犬みたいなモンスターがでると
無駄ににっこり微笑み続けたりすると
「うん、おつもだちだね」とか相づちうっちゃったり
無駄にリアルな設定に近くて笑えます。

やはりゲームの中にも九十九の神がおはすのよね…。

画像は最近の夫の絵。
下の方は3つのキュが集まって
凄いキュが発生してるとこです。

うっかり懐かしく
パナウエーブ研究所の
スカラー波の絵を思い出しました。

|

« たまにはいいかななんて。 | トップページ | 缶詰から始まる詰め詰めな1日。 »