« 国王修羅ゆき。 | トップページ | 生まれ育った世界の話をしよう »

2012年2月17日 (金)

インディーズシーンを面白くするために考えてたいくつかのプランについて。


ヤスラギにご来店の皆さん、試飲のダイエットティーはいかがですか?
楽しんでいただけてたら幸いです。
アタシは父の結果が出た事にひとまず気が緩んだらしく風邪です。
医者いったら花粉じゃないよと言われました。来週は仕事でセバス飯つくって
くんないから全部ラーメンの予定だったのに参ったなもう・・・

とりあえず音楽においては今決まっているライブは3/4の企画
そして2ヶ月1度の夢今と4/29のJETリンダ企画。
本当は7月と10月に企画を考えていて、10月は展示もと思ってましたが
ちょっとこれらを一回見直ししたく、同時にここに来ていろいろ
アンダーグラウンドシーンを面白くする企画プランを考えて夫に話していたので
いったんここにそれらを置いてみようと思います。

誰かがさらに面白く練って実現してくれたらそれもいいと思って。

1.夢今スピンオフ
夢今が先まで埋まるようになり、全員がみたい時に観られないのと
あの人もうちょっと長く観たいという人をアンケートでもとって
自分入れて四人くらいのブッキングにして、フードと一緒に
ラウンジ形式で月一回くらいやれたら面白いかなと思ってました。
最初は全ブッキングを観てくれてたお客さんが、次第に観たい人だけ
観るという流れになってくるのは演者と流れだけでお客が増えると
考えているライブハウス側の甘えだと思うんです。だからお客さんが
ライブ後に飯のことを考える手間を省き、それもアトラクションに
くわえるという方向で解消し、ゆったりとイベントを楽しんでもらう
ようにすると。
もう形骸化してるインディースの前売り価格の魅力を食で取り返すんです、
前売りで予約した人にはコースで料理出しますとかね。
料理人と協力的な箱を探す事になりますが。

2.アトリエにおいでよ
公園とかで絵を描いているおじさんを後ろから見てるの楽しくないですか?
アーティストがモノ作ってるとこって絶対楽しい、かつてそういう
イベントに一回行った事があってそれが超楽しかったので自分でもやろうと。
四人から五人の作家と協力して三時間くらい作品をつくり
合間にオープンマイクか、コンテンポラリーダンスを挟みます。
音楽も一組くらいあってもいいかも。床を汚さない仕組みと、ダンサーの
知り合いを増やしたらやってみたいと思ってました。あと、DJ!!
DJがいれば場が持ちます

3.絵とバンド
自分の個展期間中に4バンドくらいのライブを入れて同時開催で
企画を打とうとしてました。木版画なので、別会場の展示と共に
同じ作品の一部を持ってきて展示可能という強みを活かそうと
思いまして。これをやると、ギャラリーに溜まるアーティストと
ライブハウスに集まるミュージシャンのつながりを混ぜることが
出来ます。これをこけら落としにして、三、四ヶ月に一回アーティスト
に声をかけとある作家の四点くらいの作品展示と一緒に
バンドライブをするという夢今バンド編を立ち上げシリーズ化に
持っていきたかった・・・・。

4.普通にオープンマイク
朗読時間5分、テキトーにコメントつけてまわしていくという
シンプルなオープンマイクをいっちょやってみたいという気分に
なりました。単純にだらだらしたいだけなんだと思いますが笑。

・・・ということを実行してみたかったのですよ最近は。

なぜ一回リセット見直しかというと
前述のように父親のガンの事で、軽度とはいえもう少し家族との
時間を作ったほうがいいかななんて考えた事が一つ、
それと、自分も家族を増やすとしたら、子育てやら何やらで
実行が難しくなるんじゃないかという思いもあり。

そしてお店のほうで三月よりアタシの出勤日が週3→週4になる可能性が
出てきまして。主たる理由は一人鑑定士の先生がお辞めになる事なんですが
(そんな訳でアタシとこの仕事をしたい占い師さん大募集ですよ)、
過去の記事を読んでる皆さんはアタシが体調管理を失敗して
糖尿騒ぎをおこしてるのを知ってると思うので、今回はかなり慎重です。

とりあえず、ブログの毎日更新をやめるのと、仕事以外で会うのを
夫とマサカドにほぼかぎろうというとこまでは決めてます。
プライベートで関わると、どうしてもアタシに霊視的な質問を
気軽にしてくる人を避けられない。というかしたくなるのが人情だよね・・・
どんなに軽い霊視でもMPを板チョコ一列分は使ってしまうのでそれで
お客さんと向かいあう力を失わないようにしたい、となったら
やっぱり人にどうこう言うよりも自分が潜ったほうが早い。
一方で、曖昧に避けるんじゃなくて「そういうのは店で」と
断固言えばいいのですよね、弱気な自分が悪い!もう携帯に書こうかな、
黒マジックで「断固」って(笑)。

あとは意外に、最近のもめ事も影響してるかも。
三月の企画で予定してたバンドと決裂の理由の一つに
「企画に呼ぶならライブに顔出すのが当然だろ?」と言うのがあった。
自分は自分を呼んでくれた人が顔を出そうが出すまいがあまり関係ない
そりゃ来てくれたらノルマの事もあるし嬉しいですけど
変に義理立てされるくらいなら、面白いものをみせるために集中
してほしいと考えますし、もしそれで食っていくのだとしたら
そういう部分にこだわる世界にいるのはどうかと思う訳です。
自分の生活を守りつつその中で出来る時間で何か、このシーンが
面白くなるアイデアを企画というカタチで提案して回している所に
体調管理のリスクを冒してまでカタチ上での義理立てを要求される
のが日本のインディースシーンなんだとしたら、

自分はそこに迎合はしないので、この先も似たような摩擦やら
衝突は避けられないと思うんですね。そのリペアのための余力を
考えたら少し、企画を打ち続けることにためらいを持った。
「形式上の事」以上に「面白い事をやりそう」という部分で
協力してくれるバンドを集める力を自分が持てたらいいのですが

・・・て完璧愚痴ですねスイマせん。

つぶやき板への返信はどうあれ今後も続け、一方で衰えている
体力を回復する時間を作るために運動を考える昨今。
その中でこの記事を見返しつつ出来るようになったものから
取り上げていこうと思います。

あと、皆が一日先生になる不定期カルチャースクールとか
フードか服とか合体したお店にステージを持って、
毎日紹介したいバンドを1バンド取り上げてステージさせて
買い物客をファンにさせるなんてそんな事もやってみたいなあ〜。

どれかを選ばなきゃいけないけど、選べない欲張りなアタシです。

|

« 国王修羅ゆき。 | トップページ | 生まれ育った世界の話をしよう »