« 将門さまとの邂逅 | トップページ | せなかごりおしたい »

2012年1月26日 (木)

家族感覚について考える。


長く一緒に住んでいた祖母が亡くなったとき
葬式でじいさんが気合いで飛ばした鳩を観て考えた。
七割は電柱にとまってしまい、のこり三割を観ながら
まずは
「ロート製薬。」
とつぶやいた。

ではなくて(おばあちゃんごめんなさい)

憎しみも優しさも全部お互いの間を通過した感情を思い出して
これが家族になるという事なんだなと思った。

全ての感情を交わしてそれでも一緒に行きていくものを選ぶ、
ということ。
そしてアタシは「そいつの肉棒さえ愛せればすべてを愛せる」
という間違った価値観を捨て、セバスと暮らし始めて今に至る。

気がつくと占いのお客さんがママになっていたりする。
というかそんな長い付き合いになってんのかと思ったりする。
そういうときのお客さんに対する感情は家族に近い。

アタシは店では個人的な自分の苦悶を話さないが
お客さんはアタシのブログを読んで近況を知っていたりして
なんつーか完全なる商売といい難い何かになってたりするし。

全ての感情を行き来させる関係は、そいつに何かあった時に
こちらのダメージがでかい。
死を連想させるダメージならなおさら。

てか、そういうズブズブな何かに振り回されるのが嫌で
人に対して均等な距離を置くようになったのではなかったか。
桑沢の学生もライブの共演者も、夢今の出演者も刹那的に出会う。

必要なときだけ関わってくれたらそんでいいよね
お互いに、と思ってきたのだが

でも卒業生がお歳暮送ってきたり、夢今に常連さんが出来て
そっから一緒に授業はじめたり、企画以外であってお茶飲んだり
とかするようになってイチゲンさんでも無い人が
周りに増えだしたのを自覚する今

新しく出会う刺激よりも、長く関わってじっくり育てる
という関係を優先する時期がきたんかなと思う。

内輪、を発生させるのは
クリエーターとしての死を意味すると思っていた。
マンネリを許してしまうという恐怖から。

新しい他者は来づらくなるというリスクはあるが
自己にゆっくりとした満足をあたえそうな
内輪の構築にむけて動き出す時がきた気がしてる。

今日の動画は今現在のアタシの内輪のカタチ。

|

« 将門さまとの邂逅 | トップページ | せなかごりおしたい »