« せなかごりおしたい | トップページ | なきごえちがい。 »

2012年1月28日 (土)

お金を払いたくなるイベントとは偉大なり

お金をとれるとは偉大なり
人の芸事の発表にお金をはらう要素は
おもに3つだと思うんです。

感動・付き合い・勉強、これに
たまたまとか暇だったとかが付随する感じ。

アタシたちが外タレのライブとか観て
アイツは演奏いまいちだと思っても
生のミュージシャンを観られる感動が上回ればショーは成功。
様々な感動の要素を集約しようとすれば
開催は単発になりがち
そして感動だけで運営しようとしたら
いつか飽きられる危険がある。

でも媚びずに何かを定期的に開催するとしたら
付き合い感に甘えるとこから脱却し、
しっかりしたフォーマットを作り
その上でショーをやるのが
観ていて参考になるし飽きないと思うのです。

今日のリタ・ジェイさんの2ヶ月一回開催の
マガジンRJはそんなかんじ。

コント→漫談→マンガトーク
フランクでシンプルだけど飽きがこない。

こんな感じで桑沢でやった授業を
一般開催してみたい。

いやはや勉強になりました。

|

« せなかごりおしたい | トップページ | なきごえちがい。 »