« 雑感みぞれ。 | トップページ | 桑沢最後の授業とPとちょっと祟り。 »

2012年1月23日 (月)

テクノロジーとモード

テクノロジーとモード
歌川国芳展を観た後でバーに立ち寄ったのですが
目の前のキャンドルはキャンドルではなく
LEDライトです。
これ最近、太陽光発電式なんかでぼちぼち普及し始めてますね。
これもコードとかなかったからそうなんだろうな。

一時はやっていたキャンドルナイトの
ムードのあるスタイルが採用され生き残った
ということかななんて考えました。

キャンドルは電気使用0ですが
アタシも職場でパワー補充のため使ってるけど
ロウが垂れかかったり火事の危険が否めない。

でも、ムードランプは電気食うし・・・
ってところにキャンドルの雰囲気だけ残した
ソーラーキャンドルが生まれたと。

文明は試行錯誤しながら進んでいきますよね。
FREEでクリス・アンダーソンによると
とあるエネルギーが枯渇すると騒がれると
実際にそうなる前に人間は新しいアイデアを生み出して
その状態を回避するそうです。

実際の悲劇が起こるより、頭の回転の方が速い
という説はアタシは正しいんじゃないかと思います。

なんだか、思いっきり感情を吐き出して嘆いたら
そのあとでどうしたら良いかに思い当たる
という動作に似ている。

しかし国芳展激こみ。
入場前に30分待ち、入っても
行列に参加しないと細部を観られないので
それにあきらめて参加する時間と精神的、肉体的なパワーを
三時間分は準備していかれる事をお勧めします。

でもそんだけの価値はある。

|

« 雑感みぞれ。 | トップページ | 桑沢最後の授業とPとちょっと祟り。 »