« お詣り疲れ | トップページ | 触らないで、たっちゃう♪ »

2012年1月 6日 (金)

おみくじ破滅型ウエポン

三が日、お詣り26社後の疲れた夫の顔です。
(この後実は彼倒れました)

なんでこんな事になったかと言うと…
おみくじでアタシが3ヶ所連続で
一時の不運に騒ぐな
とか
一時の恋に身を焦がす恐れあり
とか
淫らな恋は身を毒する
などと出てしまい
自分で自分を観ても確かに
3月くらいに誰かが接触して、
迷った末にひかれながらも夫に戻る
みたいな相があり

夫はそれを変えたくて行脚更に加熱。
ついに小網神社で
「悪い虫が妻につかないように弾いて!」
と願ったのにおみくじには
恋愛:あきらめなさい
とお返事。

夫はその後かなり嘆いて鬱になりました。


しかしよ…こんな顔でべったら頬張ったり
額にこんな一本シワがでる霊能力女を奪いにくる奴なんているのか?

しかし、何も出来ない訳ではありません。
一応アタシの鑑定では、
精神的に一杯一杯な所に出会いがきて揺らぐ
と出てたんで、今から心に余裕を作って過ごせば大丈夫
と出てたんですが…

授業二回に、月末にライブ抱えてるのに
余裕なんて出来ないよね…

君がいなくなったら!
とたまりかねて嘆く夫と正月はかなり揉めました。

そう、知らなくてすむ事を知るのは
幸せなのかどうなのか…

でもね、夫の嘆きは堪えました。

で、考えました。

アタシは自分のキャリアを応援してくれる人を求めて来て
まだそれが変わってない

もしかしたら、出産も結婚もステイタスみたいに求めていたんじゃないかと。

でも違うんですよね、
結婚はお互いに向かい合って
その二人がもっと幸せを感じたくて
迎え入れるのが子供だと
御上が教えたいんじゃないかと
アタシは考えました。

母という呼称は女がもぎ取るべき金メダルではない。

これを言葉でなく実感できるのか。
客的には、多少の波乱は期待されるのでしょうが…

アタシは運命を変え幸せマツザキ家を守れるのか、
この行為を思い上がりとバベられて誘惑され占い師ネタを増やすのか、
緊張の2012年は、ちとヘビーに幕が明けました。

|

« お詣り疲れ | トップページ | 触らないで、たっちゃう♪ »