« 12/9開催、夢よりも今を語れ第20夜プログラム | トップページ | ドラクエな日々 »

2011年12月 2日 (金)

馬鹿は俺である。

馬鹿は俺である。
ひさびさに来たお客さんが大袋を抱えてきたので
なんだべなとおもっていたらパンの詰め合わせでした。
一つ一つ手作りのやさしさ。ありがたかった。

先日、友人と呑んだことを思い出す。
彼は言いました、講評の続き、同じやり方で
やってもいいかもしれない、でもなんかね、想う

先生、講評面白かったけど、先生の意見も聞きたかった。

多分アタシはこの一言を言われる気がする。
言われたらやりきれない気がする。
エゴっすよ、エゴ、でもね、アタシが欲しかったものを
確信も無くやめる事はやっぱ、裏切りなんです、
何でだろうか。

そういう事をいくつもいくつも考えて答えがでなくて
翌日にはまた新しい悩みがのっかる。するとね、何故か
食える量が減っていくんですよ。

繊細なのか、考えすぎるのか。
これが三十代の標準なのか。

どっかでね、結局革命を起こしたい人間の革命じゃなくて
革命を起こしてやるって熱くなってるところが
面白くて人はついてきてるだけなんじゃ無いかって。

ベルベットゴールドマインは言ってた
結局世界を変えるつもりで彼は自分を変えたって。

アメリカで売れたいと願っていたRAMONESは
それが叶わず世界を放浪して結局パンクの火をつけた。
ジョニーラモーンは言ってた、ああ、俺たちは
(アメリカで)売れないんだと悟ったと。

DeeDeeも言ってた、RAMONESの時が一番最悪だったって

結局システムがどうあれ、俺でありたい人間が作り出す
作品の強さには勝てないんじゃないかって。

木版画家のとき、ライブハウスに遊びにいってさ
あの楽屋の向こうの人たちと気軽に話せたらどんなに素敵だろうって
思った。

詩人の集まりからもめ事起こして外れて
泣き叫びながら六本木通り下って
こんなズタズタな表現者がまた自分を信じたくなるような
イベントがあったらどんなにいいだろうと思った。

だから作った。
そういう場所だから、自分が独裁してるような印象を与える
運営は極限まで避けてきた。
君の場所だ、
アタシは言われたかった
ここは君の場所だ
そういってくれる誰かが欲しかったがいなかったから
声の感じる場所を作った。

アタシは自分が落ちた穴は埋める、
お前も堕ちろとは言わない。

しかし所詮エゴだったな。
気持ちは通じない。

アタシは客が好きだ、友達は少ない。
プライベートで一方的に思いや要求をぶちまけないで
いてくれる彼らが好きだ。

ゴージャズアイリンは言った。
そいつ倒したら友達になってくれる?
アタシは多分こう言ってたのかもしれない

いいイベントつくったら友達になってくれる?

バカバカしいし、子供だと思うが、アタシという
個性の真実だと思う。
もうここ一ヶ月、いくつ信じようとした人間と
揉めたのか。楽ではない。

こんだけやり合っても、一個の作品をつくる
アーティストの作品に勝てないのであるなら
イベントなど、オーガナイズなど、教育など
アタシは無駄ばかりしている。

また考え事が増えた。
結局、アタシは馬鹿だ。

もう人類死ね死ね団ですよ。
みんないなくなればいい、でもさ、なんでだろ
こんな人間であるアタシがスピリチュアルとかやってる
どんな宿命なんだろ?

人間の恒久的な信じ方がわかりません。

でも、分かんないからそういうの無視でいいでしょうか?
そういうの無しでいいでしょうか?
もうマジ疲れる、疲れるんです、御上。
せめて今日くらいは。

ミッシェル言ってたし
なにもきたいすんなべいべーって
CULT GRASS STARSって奴で。
チバが一番正しかったのにさ。

でも、昨日ツイッターに幡ヶ谷junctionの告知を出したから
こっちにも書きます。
たぶん十分なケアは出来ないかもしれないけど
それでも知らないジャンルの誰かと触れ合いたい人は
歓迎するよ。

幡ヶ谷36.5℃開催、異業種交流会幡ヶ谷junction
12/25(日)開催。参加費は2000円+ドリンクオーダー、
なんだかんだもう21名います。
積極的にジャンルの壁をこえたい方交流したい方待ってます☆
ご参加希望はお早めに!

でもとりあえず、潜る。
それでも人とか絆を信じなきゃいけないという
模範的な教義から今日くらいは逃れる。


|

« 12/9開催、夢よりも今を語れ第20夜プログラム | トップページ | ドラクエな日々 »