« バーニングサン教育論 | トップページ | 絶妙の間とタイミング »

2011年11月17日 (木)

ボジョレーと教育

ボジョレー
ボジョレー
ボジョレーワインの解禁パーティーに夫と出かけた。
去年のパーティーでは
夫に短い片思いをしていたのを思い出す。
で、やっぱり収穫ダンスを踊らされた。
てか去年と同じ人が客に何人かいて
カウントダウン直前に時報ならしたり
組織的に店に協力していて驚いた。
なんていうか地域の行事みたいだ。

掃除して
エディー先生からギターを引き取り
詩人授業の打ち合わせをして
これだから目まぐるしかったが

エディー先生が、課外授業企画に
交渉決裂した東京梁山泊の代わりにでることになったのは
中でもビックトピックになった。

てか先生が教育に強い関心を持っていたのを知りながら
うまく授業プログラムに折り合わせられず
見送っていたので御上が引き合わせてくれたようにも感じた。

2012年3月4日、東高円寺二万電圧にて開催決定。
先生も早速宣伝し始めているありがたさ。


ブドウの味が決まる前に
すごくいいラベルとボトルがデザインされたみたいで
企画者としてハードルは上がったが

詩人授業にせよ企画にせよ
学生に夢とか希望を与える事に
価値を見いだしてくれた人たちと学生を繋げるため
頑張ろうと思う。

|

« バーニングサン教育論 | トップページ | 絶妙の間とタイミング »