« 結局コーイチさん詣で。 | トップページ | 激論と講評の在り方。 »

2011年11月27日 (日)

胃痛,そのオカルト過ぎる結末。

胃痛そのオカルト過ぎる結末。
画像は昨日心配してベッドの超縁に座ってくれたマー君です。
嬉しかったですが遠すぎてあまり見えず、
眺めるのに首に負担がかかるのが肝です。

昨日は胃の激痛はおさまったものの
結局薬も効かぬ頭痛を勃発し、
その痛みと寂しさからメールやツイートしまくっていたら
なんと実家の母がきてくれました。

来て早々、猫のおもちゃを取り出して
アタシのベッドにむかって

ちぇいやー!

と叫んだので驚きましたが、母曰く
マー君とあそぶ係をやろうとしてくれたとのこと

しかし、何の関係性も構築できてないのに遊ぼうとするなんて
やっぱり母は勇者だなと思い、
(しかも本当はりんごをむきにきたがノリで忘れたらしい)
同時にベッドの下に逃げ込んで怯えたにも関わらず
おもちゃに合わせて目線だけ動かしたマサカドにナイス接客と
思いました。

頭痛はこりをほぐしたら治ったものの、
今朝もやっぱりふらつくもので夫に付き添われながら出勤。
その体をみて店長が「あああ大丈夫?」と一言。

事態を話すと店長は
「先生、急な病状の悪化、そして薬を呑んでも治らない症状、
これって生霊だと思うんだけど?」

な、な、なんですとーっっ!!!!

あ、いや多分これは食あたりとかで・・・とまごまご弁明する
アタシに店長はそっと
「気持ちはわかる・・・でも、男の子乗ってるよ?」
とさらに追い打ち。

いや、馬鹿な・・・これは過労ですよ、いやもしくは
時間の使い下手的な・・・と思ったまま仕事に入ったものの
夕刻ちょっと空き時間が出来た時に店長が細かに見えたもの
シチュエーション、言ってたことなどを説明してくれました。

したらどうでしょう?
なんか急に背中がもあーんとしてきたんです。

もあーんもあーん
しゅわしゅわしゅわしゅわしゅわ
しゅわしゅわしゅわしゅわしゅわ
しゅわしゅわしゅわしゅわ

え?え?なんか背中から湯気っぽい何か出てきましたけど

しゅわしゅわシュッ・・・・

え、こ、これは?????!!!

ら、楽になっておます、店長!!!!
そうです、急に視界が鮮明になって
テストあけみたいな気分になっちゃったアタシ。

ついでに、一個づつ食べてたキノコの里が
急にバクバク食えるようになってました。

ああ、もうこれは確定じゃね?

帰宅したら旦那のご飯も大分食えるようになってました。
なんか、その生霊くんは、アタシが存在を知った事に満足した様子。
だって参るよなあ・・・朝の不調が嘘みたいに踊れちゃったし。

ああ、店長・・アナタはやっぱ神です、神!
ありがとうございますっ。

ただテトラさんがいうには
「アンタが自分を追い込みすぎてネガティブになったことで
波長があっちまったのよ、だから生活見直しな
とお説教。
結局三日前と同じく、生活の早急な見直しが特効薬なのは
変わりがないようです。

|

« 結局コーイチさん詣で。 | トップページ | 激論と講評の在り方。 »