« ダンスまたふたたび。 | トップページ | カネのことばかり考えてる。 »

2011年11月 8日 (火)

限りなき音の世界で普遍を探る。

限りなき音の世界で普遍を探る。
またCDを100枚ほどさよならしました。
その中で気づいた事は昔スゲえ好きだったけど
もう飽きてしまい、二度と手に触れなくなるものが
やっぱり音楽にだってあるんだよって事。

ちょうど最近さよならした音たちは、アタシが
音楽を始める直前に恋い焦がれて掻き集めたものたちで
その音にまみれて興奮している事で
音楽とすぐ近くにいる安心感を得ていたあたりのもの。
いつかDJとかやっかもしんないしとか
確実じゃない未来のために保存していた音たちもサヨウナラ。

昨日の授業でまたいちだんとしなやかになったアキさんが
学生の質問に答える中で言っていた
「私はもう外の情報が欲しくない、
答えは自分の中にあるから」
という言葉がしっくりきつつあります。
ショップにいって試聴機に耳をそばだて、
ワクワクした音を買いあさるのは今でも大好きだけど。

でも、手元に残すのは、思い出の1ページで終わらない
不変の色合いをもった人間味を感じる音楽。
そして自分の音作りに影響を与えているアーティスト
与えそう、じゃなく与えているもの。
その人生を追いたい人の音も捨て、
思い出の音楽も捨て
ライブがよかったという理由で買った音も捨てたら
残りはもうそれしかなくなりました。

それがEDDIE先生が言うところの
「黄金律」
なのかもしれません、アタシバージョンの。
そう、先生は音の配列や手の動かし方について
そんな言葉をよく使います。
多分手はなかなか動かなくても、良い音楽をつくるための
思想面は確実にかわってきている気がしますよ。

ライブハウスで出会ってイイと思うライブは三分の一くらいで、
さらに音源まで買いたいのはさらにまた三分の一くらい
でもその中でずっと好きでいられる音を出せるのは
一人いるか否か…

そういうものを求め出すとやっぱ音楽ファンというより
道を求める感じになりますが、でもね、
その痛みの中に魅了するだけの終わらない深さが
確かに存在するのがわかる。

だからのめり込むのがやめられない。

良い曲をかくために精神をストイックにする旅が
続いております。

……………………………
先日お店に私から占いを勧誘する個人的なメールが続いて困る、
という抗議があったようです。
当方そのような行為は一切しておらず大変驚いたのですが
(だいたい個人にお誘いメールする時間があったら
もっとマトモにライブ告知をうっている)

ただ、まれにブログの占い広告をクリックして
登録すると自動的にメールが複数回送信される場合がある
と情報を下さった方がいらっしゃったので、
近日中にココログを有料登録して広告表示をなくそうと
思います。

ちょうどセバスが作った手料理と一緒に
夫婦の会話を記録した簡単な日記をはじめてみようかと
思っていたところだったので
これを機会にやってみようかな、なんて考え中です。
(ココログは有償登録すると複数同アカウントでブログが書ける)

はじめたらお知らせしますね。


|

« ダンスまたふたたび。 | トップページ | カネのことばかり考えてる。 »