« 厄年は役年。 | トップページ | こびと殺しのマサのテーマ。 »

2011年10月10日 (月)

10/14開催、夢よりも今を語れ第19夜プログラム

Img_2407mini

2011/8/12(金)夢を語れ第18夜よりマノメアツシ 撮影:Lilly

では今回も懲りずに前置きを。
夢よりも今を語れはやさぐれ三十路ヴィヴィアンが
様々なフィールド活動する表現者と観客が満足し、
交流する クロスロードを目指して発足した
エントリーマイクイベントです。
皆様に「また新しい出会いを得た、来てよかった」
といわれ もうすぐ四年。
気がつけば一押しのイベントとして口コミで
猛者が やってくるようになり、イベント出演などにも発展。
観に来た人には新しい出会いと、
楽屋裏のような交流をお届けします。

一人で来ても大丈夫☆
ヴィヴィアンの心をこめた ラジオDJスタイルのイタイMCと
特注カクテルであなたを退屈にさせません(笑)。
まさに、知るひとぞ知る出会いを求める表現者による
表現者のためのイベント!
なのでありまっすw

夢よりも今を語れ 
第19夜 10月14日(金)
池袋-3-tri 03-3988-3339
http://ikebukuro3-tri.com/main.html
open18:30/start19:00
参加・観覧費1500円+1Dオーダー

19:00-19:10趣旨説明および挨拶パフォーマンス
19:10-19:25FOXY(千夏)(アコギ弾き語り:初登場)
19:25-19:40鈴木伸明(電子ピアノ)
19:40-19:55どぶねずみ男(朗読)
19:55-20:05絵心ゲスト:佐竹奈々紹介
Ca3j0649

休憩10分(20:05-20:15)

20:15-20:35メオトマツザキ(gt,baアンプdrセット使用)
20:35-20:50上原傑(マイアコギ)
20:50-21:05JIMI(エレキGT弾き語り/初登場)
21:05-21:20村井砂織(電子ピアノ)

休憩10分(21:20-21:30)

21:30-21:45橋本勇介(マイアコギ)
21:45-22:00イダヅカマコト(朗読)
22:00-22:15牧野公美(電子ピアノ)
22:15-22:25ゲスト賞タイム
→終了

▼夢今第19夜プログラム

第一部(1~4,絵心ゲスト)
秋は女神降臨が多い夢今ですがTOPバッターは
かつて初期の夢今にゲスト出演してくれたFOXY(千夏)
ツヤのある歌声はきっとあなたをノックアウト!
そこにかぶせるかのように哀愁漂う童謡調ハードコア
鈴木伸明、場の空気は一瞬で変わります。
誰もが立つのを 怖れそうなそのステージを制しに来るのは
どぶねずみ男。!! 一部からクライマックスな盛り上がりです。
絵心ゲストは夢今出演を待ち望んでくれたラッキー絵描き
佐竹奈々。彼女のイラストだけでなくキラキラした
人柄も素敵です☆

第二部(4~8) 今回は仲間も出るし僕も出たい!とやる気をみせた
夫の仲間が 続く第二部、メオトマツザキはユニット未発表曲を
演奏予定。 エディー先生の企画を経験したあとの成長に期待◎
その後は 前回の出演をアングラなミスチルと思わず形容してしまった
上原傑!声量と必殺のメロディは必聴。そして初登場、JIMI。
一人でもROCKな歌姫は静と出るか動とでるか!?
そして荒涼たる大地にふる雪のような歌声のシティポップ 村井砂織。
ステージの熱気をそっと和らげます。

第三部(9~11) 秋の夢今もあと少し、ここでサイヤ人ドライバー
と化した常連、橋本勇介が滑り込み。周りのヤジに負けずクールに
歌い切る事ができるのか?そして同じく常連クラスの朗読者
イダヅカマコト。静けさ漂う彼のステージは今宵どんな言葉を
届けてくれるのか?そして夜更け登場の常連さんお待たせしました。
ゲスト賞キラーの歌姫牧野公美が締めます!魅せます!お楽しみに!!

※イベント休憩時間のチラシ・音源等の配布交流は自由です。
ガンガンやるほど繋がりができます!

※今回のスペシャルカクテルはヴェルヴェットウイング。
やさしい力で本来の運に戻れる力をイメージしたカクテルを
当日限定で お店にオーダーします。
よかったら呑んでみてください。

ちなみに2011年12/9(金)の第20夜はすでに予約満了、
出演者は橋本勇介、マノメアツシ、ケイコ、土屋怜、きりこ、
どぶねずみ男、merry-andrew、イダヅカマコト、ON、
SAY YETOUです。敬称略すんません。

現在は第21夜2/10(金)募集中です。
今のところ参加者は橋本勇介とどぶねずみ男さんが確定です。

参加したい方は早めのご表明が無難です、ぜひご検討ください
それでは夢よりも熱き未来を呼ぶ今を語れ!!
ご来場お待ちしております。

|

« 厄年は役年。 | トップページ | こびと殺しのマサのテーマ。 »