« 10/14開催、夢よりも今を語れ第19夜プログラム | トップページ | どうしようもない、という事情 »

2011年10月11日 (火)

こびと殺しのマサのテーマ。

緊張のライヴ終わりの月曜日、起きぬけの夫に
「マー君が小人さん食べちゃった。」と言われました。

「は?」

と聞き返すと、夫はその夢の内容を話しはじめました。

夫が台所でシチューを作っていると、視界のはしに
何かが入ってくるのがみえたそうです。

振り向くとマー君サイズの30センチくらいの
黒髪に着物を着た小人の女性がいて、驚いた夫は
シチューの鍋を吹きこぼしてしまいます。

するとビシャビシャっとシチューの中身は
激しく吹きこぼれてダイニングまで到着。
アワアワしてたらその小人さんが
「いいですよ、私拭いときますから」
と言ってダイニングに向かってくれたのですが

彼女がマー君の餌場の前を通ったときにマー君が
腹部に噛みつき、彼女の服ごと肉を食い破ったそうなのです。
ビシャッと飛び散る血と、
千切れた布ごと肉を咥えたマサカド、
そして横たわっている小人。

弱ってプルプルしてる小人をみてアワアワしてたら
アタシに呼びかけられ目が覚めたと。

…あり得ん。

可哀想な話なのにありえんシチュエーションを
少年ジャンプのギャグマンガみたいに話すので
ヨガのポーズ中も笑ってしまい休日が正常に機能しない妻。
こびと殺しのマサのテーマ。
すると夫がさらに小人を絵に描いてくれたのですが
その絵がしょうこお姉さん並に芸術的だったので
事態はさらにカオス的な状況に陥りました。

「何よ、この頭wwwww」

「だからスポーツ刈りみたいなところに三つ編みみたいなのが
クシャクシャある感じなんだって」

「よくわかんないしwww」

結局こんな感じで時間は過ぎて夜になりました。

夫にマー君の遊びを頼んだのですが
マー君は虫に夢中で遊ばないとかで
翌朝が早朝から現場仕事だった夫は寝てしまい、

その後を引き継いで彼を観察してところ
マサカドがハエを追っていることに気付きました。
こびと殺しのマサのテーマ。

「あ」

アタシ思ったんです。

小人の正体は「ハエの妖精」
ではないかと。

夫は今日はシチューじゃなくて、タイカレーを作るのですが
つまりそれは
料理中にハエが来たのに驚いて吹きこぼしたら
ハエがその床にこぼれた汁を吸おうとしたので
マサカドがそれを止めたと。

で、そのハエはメスで、ハエの頭部って
なんか黒くてボコボコしてるからそれが
おかしな髪に形容されたのではないかと。

だから、夢の途中を夫が見ていたとしたら
「騙されてんじゃねえぞセバ、こいつはハエだ、
ウ◯コに群がったその手で次は
てめえの飯をバイキンマンにしようとするとんだ女だぜ!
クハー!!!!!」
…くらいなことは言ったかも。

「あ、セバス微妙に予知夢かも、さすが」
なんて一瞬感動してみたのですが
その後ですぐ、あ、このまま置いとくと
このハエ殺戮されてまうんとちがうー?と思い直して
立ち上がり

天井をみてブッタの声真似をしながら
「ハエよ、聞こえますか?」
と呼びかけるアタシ。

しかし応答がないのでさらに部屋をうろつきながら

「ハエよ、このままいては殺されてしまいますよ、
出て来なさい」

と呼びかけたものの発見できず、
ついに諦めてしまいました。

今夜夫がカレーを作るときに出て来て
トラブルにならないと良いのですが。

殺生嫌いとしてはちょっと心配です。
はえ~。

|

« 10/14開催、夢よりも今を語れ第19夜プログラム | トップページ | どうしようもない、という事情 »