« の子と中居君の会話が面白かった。 | トップページ | 33歳になりました。 »

2011年9月 4日 (日)

キレるテトラと龍口明神社

キレるテトラと龍口明神社
キレるテトラと龍口明神社
キレるテトラと龍口明神社
キレるテトラと龍口明神社
32歳最後の思い出に夫と江ノ島スパに行きました。
あそこの炭酸泉の大ファンなんです、アタシ。
1時間はつかれます。

でもその前にセバスも気にしていた西鎌倉の龍口明神社へ。
なんというか神社までの坂が急で長くて
ババア殺しです。
軟弱なアラサーにはしんどかったのですが
なんとか登りきりました。

境内に入った瞬間思わず
「おお…」
海系の御上の香り漂う境内。
ここは江ノ島弁天を愛して尽くしまくって力尽きた
五頭龍が祀られてる事で有名、

だがしかし、ご祭神にはもう一柱、
姉の置いた子供を育て
その子の妻になった玉依姫命がいらっしゃる

そのせいか
「大丈夫、その思いはちゃんと報われるわ」
と言われるような安心感が満載。

五頭龍も振られたはずの弁天と結婚できたし
アタシも心をこめて育てた男に気持ちが通じたもん大丈夫よ
みたいな。

たぶん呼ばれるのは今まで頑張ってきた結果が
そろそろでる人で
求めていくなら、今の自分に自信がなかったり
不安な人がよいのではないかと思います。

で、なんとここにもありました、こどもみくじ。

当然のようにテトラさんが引きたがったので引くと
そこには全体運の欄に

「わるいことを するとかなえられません」
とばっさり

うわ、さらに厳しい
言葉だ!
と夫に笑われたのが悔しかったのか

「おれ かみさまなのに ちょうきぶんわるいよ なんだあれ」
とそのあとずっとキレていて

病気の欄に
「おまもりをさずかりよくなるでしょう」
とあったからって理由でこどもおまもりを買わされました。
八つ当たりですよ全く。

こどもと言い張るのか神様と言い張るのかハッキリしろよ、
768歳よ。

色々ありましたが
地元の神社として素敵な感じでしたよ。
お詣りされるなら是非どうぞ。

|

« の子と中居君の会話が面白かった。 | トップページ | 33歳になりました。 »