« 脱却か否定か | トップページ | グルーヴ渇望症。 »

2011年8月 5日 (金)

天空。

天空。
天空。
天空。
天空。
六本木のアクアリウムへ。
前に行った時は誕生日だった。

魚についての解説が一切ない
ライトアップされた水槽を次から次へ見ていく。

「六本木ヒルズで魚みるのは恋人たちで
別にムードさえあれば魚の名前なんかどーでもよくね?
って戦略なんだぜ。」
と適当言ったら夫が呆れたが満更間違いではない気がする。

期間中、魚は何度も変わるらしく
その入れ替えをノーストレスでやる点でも合理的だろう。

魚の生態を伝えるのを重視すると
水族館はファミリーテイストになるのに
いきなり気づいた。

撮影し放題で、facebookで
フォトコンテストしてるとこも好きかも。

人間のいいと思ったものにカメラを向けてしまう心理を
封じるのではなくある程度効果的に許して
プロモーションするアイデアはアタシもいくらでも欲しい!


個人的には最後の部屋のウーパールーパが気になった。

買いたかったが、きっとマサカドに抹殺されるんだろうなあ…

あとなぜかどこの水槽にもエビがいるんだよ
なんでかな?


次は大混雑の新生sunshine水族館に行きたいぜ!

画像はアクアリウムの魚達とたまにはアタシ。

しかし、水槽で薬を調合してる魔女にしか見えない。

|

« 脱却か否定か | トップページ | グルーヴ渇望症。 »