« 今日もスパ | トップページ | スタジオその後 »

2011年6月15日 (水)

メオトマツザキコロッセウムスタジオ



何もしないで幸せになるのは難しいのね
でも
何かする人は必ず幸せに近づくの

とテトラさんは言いますが

昨日の夜、メオトマツザキは初の二人スタジオやりました。

初々しいのは最初だけ
終わってみたら
「…これ続けたら離婚だわ」
という達観。

帰り道、不穏な何かを察知して
「うん…うん」
と繰り返す夫。

だって「この部分はこうしよう」
って決めたそばから間違える。

なんでって聞いたら構成覚えてないという。

それで本腰バンドだって言ってたのか…!?
曲も聞かずによくもまあっ!!!!

む、ムキイイイイイ!!!!!

とりあえず料理を作って貰っているという部分を棚にあげ
何故か英語でキレるアタシ。
「英語かいっ」
と突っ込まれれば終了のネタも
「え、何?わかんない!」
の繰り返しで更に火に油。

リーブミーアローンと
テイク ア バス
もわかんないなんて・・・(ノ_≦。)。

甘い新婚生活はこうして終わりを告げ
頭の中では何故かピストルズの結成初期に
彼らがめちゃめちゃ喧嘩していたというのを思い出しました。

しかし、その激情も新しいPCのiTunesの同期問題に
あたおたと取り組むうちに眠くなり終了。
今日休みだった夫は部屋で一人
トマトシチューを作ってなんだか不思議な夢を見ながら
ノート1ページびっしりドラムの構成を書き込んでいました。

アタシの辞書に楽しくスタジオはいる
という概念がないことはよくわかりました。
やっぱ自作の曲にはいつでもマジすぎるんですな。

いっそコピバンやっかなって興味ないけど。

それと、2ピースで音を作る難しさを痛感。
いつもベースの音(これはウッドベースか、否か)で
バンドサウンドをイメージしていて
ドラムには後ろから刺し殺してきそうな激情
しか求めてなかったのでどう伝えていいかわかんない。

とりあえず世界観を童話や映画の話でイメージしてもらう
ことからスタート。なんつーか手探り異文化交流です。
夫は「バンドは最初大抵こんなもんだよ」といいますが
音がまとまるのと夫婦が壊れるのとどっちが早いのか不安なアタシ。

でも思うんですが昨日アタシがキレたのって
ルーティンの急激な崩壊に途方にくれた気分だったと思うんです。
それは失恋にちょっと似ていて
今までのほほんとベースとドラムのやりとりを聞きつつ
指示を待ちつつ自分の世界が三人分の世界に膨らんでいくのを
楽しんでいたスタジオの流れがいきなり通用しなくなって
新しいものを作んなきゃいけなくなったその見えない未来へのため息。

まるで彼女や彼に電話やメールする夜の習慣が消えた時の気分。

でも、聞き直した音源には希望があったので
めげずに取り組んでいかねば。
あ、フィリップ・アキランブルは只今、SKAバンドと
SEKILAでサポートベース弾いてます。踊れる楽しいバンドなので
観に行ってみてはいかがでしょう?

あと、おかげさまで夢よりも今を語れ第19夜、
10/14(金)開催分の受付が終了しました。
次は12/9(金)の出演希望者をお待ちしております。

|

« 今日もスパ | トップページ | スタジオその後 »

コメント

一切の余裕はなく精神や生命を削って真剣に取り組むのが実は一番楽しかったりするのは芸術や育児や仕事すべてに当てはまったりする。

あとバンドは大抵最初はこんなもんって、少なからずバンドやってた相手なんだから最初ってほどでもない気が…(笑)

まあ3人なら3人のスタイル、2人なら2人のスタイルがあるから気負わず頑張って。

さりげなくSEKILAの宣伝ありがとうございまーす!

投稿: 世界のアキランブル | 2011年6月15日 (水) 19時53分

アキラくん>ありがとう!リハにライブに引っ越し、目まぐるしいけど頑張ってね!!

投稿: ヴィヴィアン | 2011年6月16日 (木) 13時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今日もスパ | トップページ | スタジオその後 »