« 片思いは続いていく。 | トップページ | 荒涼たるスタジオ。 »

2011年6月22日 (水)

二ミリの薄さを補うもの。

ゴーゴー焼き肉
判断に迷った時、店員がイケメンだったらゴーにしてる。

例えばiMac
そして焼き肉。

看板を見ているアタシたち夫婦に
話しかけて来たのは松岡修造似の笑顔の男。

だから入ってみた。

セバスと肉をつついてまもなく
尋常じゃない接客のうまさから
彼が店長だと気づいた。

平日の売り上げと客の感激と
サービスを金に還元する許容範囲が
瞬間的高速スピードで計算されている
凄まじいオーラを笑顔の裏に感じとる。

だがそれら全てがホスピタリティで調理されてて
ついこちらも負けてしまう。


気持ちよい彼のサービスはまた受けたいがしかし


肉…薄かったんだよなあ(苦笑)。


写真はホスピタリティのかけらもない
ウチのマサカド。

|

« 片思いは続いていく。 | トップページ | 荒涼たるスタジオ。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 片思いは続いていく。 | トップページ | 荒涼たるスタジオ。 »