« 美彪っちの土用予報(2011年春) | トップページ | 残数確認、感受性回顧。 »

2011年4月16日 (土)

美彪お薦めサヴァイヴ系パワースポット。


今日は夫の近くの職場まで母と出向きましたので
帰りに夫と待ち合わせて帰宅、途中で
彼がよくお参りするという有楽稲荷神社さまにお参りしました。
この小さな神社は関東大震災でも被災を免れたという
強運の神社でして是非あやかりたいとご挨拶。

ぶっちゃけ気象庁が予測したM8規模の余震はアタクシ
起こると思っています。テッチャンも「大きいのくんね」
と言ってますし。しかし、768歳と言いながら2000年も前の
ポンペイを引き合いに出したり、彼の予言はお菓子以外は基本
いい加減な部分もございますのであまり深刻にならず気を抜かず。

私も前回の反省を生かし、電池なくても動く懐中電灯など購入しましたが
いくつか皆さんにここまできたらお薦めしたいお社がございますので
ご案内します。

波除稲荷神社(築地)今回サバイブ系ベスト1神社ですね。
もともと築地の干拓が波でうまくいかなかったときに
波間に発見したご本尊をおまつりしたところ波がおさまって
干拓出来た、といういわれがございますから、被災された
ご親族や知り合いにこれ以上の被害が及ばぬようにと
何か祈りをささげたい方にも適しているやもしれません。

金刀比羅宮(虎ノ門)こちらも航海安全、そして、大難を小難に
変えてくださいますので、アタシは今回こちらにはご祈祷に伺いました。
夫もアタシも外で仕事をしてますので、外出しますよね?その日の
行動のルートはある意味運の航海そのものですから。
自称、運が悪いというアナタも心から祈りを捧げれば
最悪な事態に襲われず済むやもしれません。

皆中稲荷神社(新大久保)ここは鉄砲隊で一番玉の当たらなかった男が
お参りしたら当たるようになった、というギャンブル系のご利益です。
え、災害にアタルとか困るけど?というアナタ、ここのパワーは
アタシの分析では「いくつか可能性のある中で一番ベストな選択をさせて
くださる」というニュアンスなんです。なので、もし緊急事態に陥った時
建物から出るべきか?もしくは帰宅困難になった時に会社を出るべきか否か?
という一つ一つの究極の選択を助けてくださると思われます、
なのでお薦め。

小網神社(人形町)の強運厄除も捨てがたいですねえ・・・
ただ、ここはもう本当に打つ手がなくなった時におすがりしたほうが
よいと思うので今回はさわり程度でご案内します。

あと、震災ストレスがどうしても抜けない方には
お地蔵様のいらっしゃるお寺をお薦めします。
南蔵院(金町)や林泉寺(茗荷谷)のしばられ地蔵さま
高岩寺(巣鴨)のとげぬき地蔵さま、あと最近何故か
いぼとり地蔵と名乗るお地蔵さまから頻繁にコンタクトがあるので
こちらも...心の不安を身代わりになってご自身が引き受けてくださる
お地蔵様は本当に癒すまでのスピードが速いっす。

後は自分の居住場所、勤務場所の氏神様にお願いするのは尚のコト。
それ以外でも、これを読んで「なんか別に行きたいとこが浮かんだけど・・・」
とか、頻繁に見聴きするパワースポットがある場合は俗にいう
「呼ばれている」という状態と思われますので行ってみたほうがいいでしょう。
どうしても不安な場合は鑑定に来てくださいな。

あと。。。

震災にあわれた方に何か神仏頼みでアクションしたい、という方には
冒頭でお伝えした波除稲荷神社と同時に浅草神社(浅草、浅草寺隣)
をご紹介します。漁師の兄弟が海の中から網に引っ掛かった仏様を
発見し、そのご本尊が祭られているのが浅草寺・・・という説話は有名
ですが、浅草神社にはその漁師の兄弟がまつられているのです。
いつもは八方塞のお客様の運の救済にご紹介しているお社ですが
行方不明のかたをその強い御神力で網にかけ見つけ出してくださるかも
しれません。

御自身が祈る分には問題はありませんが、被災地の御親戚や
ご友人にお守りやお札を渡すのはお相手の御信仰などを考えた上で行動し、
衝動的に行動しないように致しましょう。ここまでの震災の出来事で
逆に「神様ひどい!」という思いに駆られているかたもいらっしゃるかも
しれないので。誰かのためのお参りは、その人を思う自分の気持ちに
やり場をつくり、その行動を通して自分の思いをお伝えする、という側面を
持つということをベースにすれば大丈夫だとは思うのですが。。。

あと、ここまでの御利益のお話は、ここまでの鑑定生活で得た
経験的なデータがベースになっていますので神社の方に問い合わせても
?と言われるかも。そして、神社の方のお祭りしている神様の見解を
否定するつもりはございません。見解が食い違った場合は
ここまでのアタシの日記から推測される性格なども加味して
自分の勘がシックリくるほうに動いていただければ。


お賽銭、お参り方法等については過去日記をご参照ください。

今夜のところはこれにて失礼。

|

« 美彪っちの土用予報(2011年春) | トップページ | 残数確認、感受性回顧。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 美彪っちの土用予報(2011年春) | トップページ | 残数確認、感受性回顧。 »