« 残数確認、感受性回顧。 | トップページ | グレートミイラベイベ、マサカド。 »

2011年4月18日 (月)

そっちではない、こっちだ

そっちではない、こっちだ
SEKILAワンマンに行ったら
愛しのEDDIEさまに再会しました。

アキランブルは客席でもステージでも
見事なサポートっぷりでした。
相変わらず技術的な事がわからぬアタシでしたが
DJさんがイントロやった中盤の曲の後の入り方好きだったな。

ボーカルの兄貴と慕われているアムロさんは
かつてアタシが二万出たての頃
リハ中に食べに行ったラーメン屋さんで
「今日ライブなの?」
と話しかけてきたカウンターのお兄さんでした。

ステージで見る彼はなんというか
とても緻密な人に感じました。
細やかな気配りに気づいた人が感動して呼ぶ
「兄貴」
というアプローチが近い人。

そんなアムロさんのMCは
お客さんを楽しませるアプローチで一貫していて

そのことに感動。


結婚で得た安定で曲を変えるより
今目の前の人にどう楽しんで貰うか
そのスタンスを変えるほうが先だろうと。

アーティストとして自分はどう
とか
譲れない核についてはそこから掘り起こしても遅くはない
そんな再発見をしたアタシでした。

5/13のライブで昇るべき一歩目を
確実に掴んで春土用2011、
最初の夜が更けていきます。

|

« 残数確認、感受性回顧。 | トップページ | グレートミイラベイベ、マサカド。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: そっちではない、こっちだ:

« 残数確認、感受性回顧。 | トップページ | グレートミイラベイベ、マサカド。 »