« 回路なくては海路描けぬ | トップページ | 愛の極限、バキSAGA »

2011年3月 4日 (金)

受胎告知ノイローゼ。

料理好き遺伝子。
聖母マリアは天使ガブリエルの来訪によってキリスト受胎を知りました。
ちなみに彼女には読書や針仕事が出来るお時間があったそうです。

かたや

六九狂ヴィヴィアンで美彪という源氏名を持つとある人妻は
ツイートを自粛して何とかコメント返しする時間を削って
自分タイムを捻出せんとするテンパリ具合でございます。

そんなアタシをここ数カ月月一でノイローゼが襲っております。
名づけて受胎告知ノイローゼ。
身体がだるい、重いなどの体調の不調を口にすると
「妊娠ではないか?」
と即言われてしまい、そのたびに思い当たる節が無くもない
人妻は毎回思い悩んで自らを追い詰める始末。
周囲の勘が鋭かったりそれで生計を立ててる人に
言われたりするとなおさらです。

そのたびに夫ヨセフ...ではなくセバスが心配し、
またそれに嫁がアタルというスパイラルを脱出すべく
昨日結構ガチで話しました。

聖家族並みの禁欲生活を送るか
ピルを服用するか
ヒルを服用して生き血を飲ませるか
エトセトラ

自分が音楽を支えると言ってるのだし
もし子供が出来ても大丈夫だという夫に

「アンタは今のアタシの不安を無視して未来ばかり語りやがる」
とキレるアタシ。

いわゆる○高出産になってもあと二年は今の生活を維持したいのは
まず、桑沢の授業で臨時でも授業を引き継げる
後輩を見つけるまで待っていたいこと
対面鑑定士としてお客様との区切りの時期がまだ来ていない
と感じていること
六九狂ヴィヴィアンとしてオーガナイズ部分(特にバンド)
を固めていないこと
それと、一年半後から二年後くらいに結婚披露パーティーをやりたいが
その時に「新婦(って言っていいのかな)が妊娠中だ」ということで
周りのロッカーに気を遣わせるような思い切りのないパーティーを
するような真似はしたくないこと。

だって哀しいですよ、東京梁山泊をパフォーマンスにオファーして
パーティーに褌に水引つけた龍さんに出てもらって
赤と白のインクかパイをブチ投げて参列者がきゃーきゃー楽しそうなのに
自分は大きなお腹を抱えてみてるとか
泣きだした子供抱いてて参加できないとかありえない。

ってこれが理由か!今気づいたわ。

・・・・・・ってジョークね

母親になった表現者みてると、やっぱママとして
という視線のイベントになるのが避けられない気がするのです
でもアタシはまだエッジの効いたオーガナイズやら表現をしたいのです。

とりあえず、ちょっと今自分を取り戻して誰かと共同生活する基盤を
つくって、場合によっては旦那を挟まなくても子供を預けたりできる
人間関係を夫のご両親とつくったりとかしたいんですわ。

告白って映画じゃないけど
この前猫にあたってしまっていたアタシは
今のタイミングで子供が出来たら
ほぼ確実にあたる気がするのです。
「アンタさえ生まれてこなければ!」
と言ってしまう可能性のある芽は極限まで潰したい。

去年の年末に「子宝に効く神社ないかね?」と聞いてきた夫婦がいて
その二人が和気あいあいとお参りしてきたと報告してくれたのをみて
やっぱこうやって
「おいでなさいベイベー」
と言ってあげたい。

という訳で基礎体温表は当たり前として
その辺りのアタシの精神の緊迫具合は尋常じゃない

という状況で、子供がどう・・・と言われ続けた限界が。
上記の思いを説明しながら

「アタシは余裕をもって、生まれておいで、って言いたいだけよ!
今授かってもテンパって、それじゃ今までの切羽詰まって活動を
転がし続けたヴィヴィアンと変わらないじゃない!
もし運命がアタシに、お前は追い詰められてテンパってずっと
そうやって生きていけっていうなら、死んでやるくらいの覚悟で
やるけどさ、もう、アタシは落ち着いて生活を大事にしたいだけよ!」

なんて最後は感極まってしまいセバスに
「君はというか女性アーティストな分繊細なとこもあるからねえ」
などと慰められました。

とりあえず当面は
ふたりでゆっくり過ごして生活の基盤を作りつつ
バースコントロールをより一層徹底しよう
という話になり

アタシからは彼に
もし納得いかぬタイミングで授かった日には
堕胎も視野に入れさせてほしい、ということを伝えました。

子供が出来ないことに悩むお客さんの話から
そのつらさも聞いていたのでそれだけは・・・・
と思ってきたけれど口にした瞬間に正直、
気持ちが楽になった自分がいました。

産みたいことを切望する人も
産む時期にこだわるアタシも
「子供を幸せに迎えてあげたい」
という一点を挟んで光と影の関係かもしれない。

てか今回ここまで追い詰められなければ
不用意に「産め産め」と言う人間になってたかもしれないな。

後は言われることに負担を感じたら
その意思を相手に伝える努力をすることと
あとは、気が弱るとついやってしまっていた
体調不良の時に呟きをあげるのをやめようと思います。

あれ、一人だと結構はげまされるんだけど
うむ、しょーがない。
これも自分と周りの世界を愛するためなのだ。

写真は今日ひざびさに自分で作った夕飯。
いつも楽しそうにご飯を作ってる
旦那をすげえなと実感しました。

|

« 回路なくては海路描けぬ | トップページ | 愛の極限、バキSAGA »

コメント

青菜が多い食卓ですな~

かじり聞きなんで
間違ってたらごめんなさいだけど
人間 体力気力のバランスは肝臓で
今時期そのバランスを崩す事が多く
回復させるには青菜が効くんだと

日記読んで色々調和させようとしていることが
食卓に現れてんのかな~とかおもった訳でありやす


なんにせよ 楽しい日々を!

投稿: sae | 2011年3月 5日 (土) 01時51分

授かるタイミングにもたぶん、意味があるんじゃないかなぁと私は思います。それは本人にも計り知れない部分で。

私も、みとらさんと同じ理由で、やりたい事があるからまだ、と思い続け、いざ欲しいとなったらなかなかできないという状態です。

いつまでたっても、やりたい事がつぎつぎに出て来て、「生まれておいで」と準備万端になることはないです。
欲しいと思って努力したきっかけは「年齢」におされて.....

授かったら、授かったで自分のやりたい事はやってしまうんじゃないかな?って思わないと、子供を欲しいと思えないかもしれないですね。

あと、絶対、子供にあたったことがない親なんていないんじゃないかな?と私は思うのです。

ずーっとずーっと当たりっぱなしはよくないですけど。

当たってしまったことに、大後悔して「二度とすまい」と思う事が大事な気がします。

なにかあったら、絶対がんばる自分と助けてくれる旦那さまがいる限り、大丈夫ですよ。

偉そうにすみません.....weep

投稿: カッツェ | 2011年3月 5日 (土) 08時52分

saeさん>冷蔵庫にあるものを中心に作ったら、唐辛子が乾燥してたのもあって必然的に緑になりました。

投稿: ヴィヴィアン | 2011年3月 8日 (火) 20時32分

カッツェさん>そうですね、ナーバスになるアタシを旦那さんの朗らかさが救ってくれています。ただ、かつて親に言われた一言が思ってた以上に刺さって結局二十代前半にカウンセリングを受けるに至った自分を思うと、言ってからしまったと思って学ぶ、というのは簡単にはできないというのが正直なところです。

投稿: ヴィヴィアン | 2011年3月 9日 (水) 01時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 回路なくては海路描けぬ | トップページ | 愛の極限、バキSAGA »