« 2/11(金)夢よりも今を語れ第15夜プログラム | トップページ | 最近の猫とセバスと魔女と少し狼の日々。 »

2011年2月 1日 (火)

海賊と純愛。

海賊の世界
海賊の世界
あらためまして、難破船パイレーツの事情、
ご来場ありがとうございました。

あの日は朝から下着、というかスリップ姿でライブしてやると決めてまして
心の中で「今日のアタシはムスタングジャークス」と唱え続けてました。
どんだけの気合だったかというと高森さんをイメトレしすぎて
スタジオの階段からこけたくらいです。

スリップに猫耳、六九狂ヴィヴィアンの辞書には人妻になっても
恥じらいという文字はないですね、多分。

でもなんでそんなことをしたのかと言えばその日はうちのドラムである
超近未来の旦那のセバスを鼓舞する必要があったからです。

その日、彼は前日に三現場という過酷な仕事の合間にクッキーを焼いて
睡眠時間を削り、過労風邪で当日腹を下しました。

アタシにはこの無理に思い当たる節がありました。

その週のアタシはままならない集客に悶々としてました。
イベント三日前、焼酎のお湯割を握り締めながらアタシは
「今回の集客がままならなかったらアタシは自分の立ち位置を
現実として認識しようと思う」
と彼に話し始めました。

ブッキングもイベントにもセンスにも自信が正直ある、でも、
人を呼べない自分は何だかんだ、一介のマイナーミュージシャンに過ぎないよ。
バンドで関わってくれる二人にも、呼んだバンドにも申し訳ない。
覚悟はしなくちゃね。

そんなことを語るアタシをセバスは黙って見てました。
そして冷蔵庫にはクッキーが。

アタシはそのクッキーを見ながら思ったんだけど

人を愛すると言うことは結局、
その人が好きだと言う気持ちを形にしてあらわし続ける
と言うことなんじゃないかって。

その気づきは素晴らしい効果をもたらし、
とりあえずヴィヴィアンは洗面所にそそうした猫に
日枝神社の節分の豆をぶつけようという衝動を抑えることができました。
(ストップ動物虐待!)

だからあの日献身的な近未来の妻は一ヶ月間の同棲生活の中で
彼が一番欲情した(と思われる)下着姿に猫耳をつけて頑張ったわけです。

頑張ったんですが、
イベントが楽しすぎて酔ってしまい、
帰宅して小一時間彼にクダをまいてしまい
十分休めなかった彼は翌日も今日も仕事を休んでます。(ごめんね)


他にも考えることがあの日は結構あって
やっぱチューナーは二個持ってかないと危険だなとか
夫婦になると片方がテンションおちたときにひきづられそうになるなとか
そういう教訓もありましたが

でも集客じゃないのかも、大事だけど、でも
あの日ホント久々に「おめでとう」を言うために何年かぶりに来てくれた人もいて

アタシは、ロック村というこのインディースのコミュニティで甘えてしまいそうな自分を
どっか律していかなきゃと思ってきたけど
それが小規模であれ、自分と関わりたいと思ってくれる人に何かを返したい
そんな時間がほしいと願うようになりました。
クッキーの事件のあたりから特に。

桑沢の学生のアンケートとか読んで、呑みましょうって言葉に
ちゃんと時間をとって乗っかりたいなって。

二十代は人間としてペラペラだったから、すべておざなりにして
ダッシュすることも可能だったと思う。
でも三十代になって、誰かと暮らすって選択をしたのもあるんだけど
自分を思ってくれる誰かとゆっくりと時間を共有する余裕が欲しい。

いや、多分アタシも
落ち着いて愛情ってやつをカタチにしたくなったんじゃないかな。

しかし、何を削ればいいのかわかんない。
わかんないから断捨離の本を読み出しました。

そしてまた月曜日に人妻未満ラス前ライブをソロでやります。
弾きたいな新曲。

■2011.02/07 (mon)
[東高円寺二万電圧 presents]


KAZAANA
橋だって落ちるね
RUBE RACIES
六九狂ヴィヴィアン
白い暴動族
タニ

open / 18:00 start / 18:30
adv / 1,500yen door / 1,800yen
(+drink500yen)

出順は四番目。
来たい人は行けたら・・・の段階でも前売りあるので教えてください。

|

« 2/11(金)夢よりも今を語れ第15夜プログラム | トップページ | 最近の猫とセバスと魔女と少し狼の日々。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2/11(金)夢よりも今を語れ第15夜プログラム | トップページ | 最近の猫とセバスと魔女と少し狼の日々。 »