« 夢今第14夜にゲストrabbitfighter参戦! | トップページ | わからないからガバナで踊れ。 »

2010年12月 4日 (土)

サイキック彼女とパストラブ

101203_212201
アパートの下の階で死体がみつかってしまったアキランブルと
恋愛日記で浮かれているカズキックの日記が同時にあがり
愛と死をみつめて気分だったヴィヴィアンは生理痛で昏倒です。

でも日曜日から練習再開なんだな☆

さて、そんなわけで業務の立ち行かないアタシは
ちょくちょくセバスの昔の彼女との過去日記を読んでます。

公園で阿弥陀くじ的なことをしてから後に茂みでいい事しようとしたり
彼女の好きな曲だという振りに答えるべく
名前をステージで叫ぶなど微笑ましい奇行をはたらいており
ちょっと笑ってしまったりしてました。

なんでこんな性悪行為をしているかというと、もちろん
「あの人の過去も全部しりたいの♪」
というかわいい理由もなきにしもあらずですが

前に恋愛でこんなことがあったからです。

元彼のおうちに初めて泊まりに行った夜に彼から
「俺シャワー浴びるから先に布団に入って寝てて」
といわれ、借りたパジャマでいそいそと布団に入ろうと
髪をかきあげて枕を触った瞬間、一瞬映像がよぎりました。
それは

上半身裸の彼と細身の女の子が同じ布団に入って
キスして乳繰り合ってる

という衝撃的な代物で
アタシの心臓は驚きすぎてどくん、と大きく動きました。

確かにこの布団だが部屋が違う
つーか誰?あの女誰?

浮気しとんのか?こいつ?と思ったものの
きっとこれは近未来か過去だろう
とあたりをつけ、

シャワーから出た彼に
「あんさ、なんか映像見たんだよ、前にいってた忘れられない女って
細くて目が大きくて茶髪だった?」
と聞くと
「あーうん、そんなだったかなあ・・・」
と生返事。

確証はなかったものの彼の顔がちょっと若かった
という理由で六割がた過去としました。

そしてアタシが観たのは本当に過去なのか?
この疑問は彼と付き合っていた間も別れてからも続きました

だがしかし、その悩みを手放す絶好の打順が回ってきました。
忘れられない彼女って人がカズキックの要望でスタッフで来たのです。

てかなんでしょうな~この巡り合わせ、
アタシまだ引きづってるのに無事にライブできんのか・・・

とKOOLをくわえて振り返ったそこに
茶髪で細身で目の大きい人が

思わずスタッフさんですか?と挨拶すると
「はい」と返事が。

ビンゴッ!!!!!

ちょっとパネえ!美彪せんせマジぱねえ!

結果的に自分の霊視がガチだったことに興奮し
その日のヴィヴィアンのパフォーマンスは
かなりテンションの高いものになりました。

結局その人とも仲良くなってメアド交換したし。

でも今振り返ると、それで何事もなくすぎてすっきりしたことで
ああ、アタシはもう元彼を復縁を望むほどの熱で愛してないんだな
ということがわかったんだよね。

で、知らずしらずセバスと恋愛する流れにのっていたという・・・

そんなわけで、今後映像を見ちゃったとしても
「あ、これセバスの日記で読んだシーンだよ、過去だ過去。」
と秒殺で判断して心の負担をなくしたいと。

こうして冒頭の流れになるのです。
まあ、でも、今に集中してたらそんなものは
見ないでおけるのかもしれないが・・・。

ところでセバスは昨日三連勤あけのお祝いとして
マッシュ何とかってお気に入りのカフェでご飯をおごってくれたのですが
彼女とご飯を食べる
というシチュエーションに緊張しすぎてカクカクしながら
モンテネグロってビールを口に運んでいました。

まるでC3-POってロボみたいでした。
スターウォーズの金ぴかのやつなんですがわかるかな。

|

« 夢今第14夜にゲストrabbitfighter参戦! | トップページ | わからないからガバナで踊れ。 »

コメント

decided weblog you've own

投稿: Lea Mellor | 2010年12月 9日 (木) 14時00分

This blog seems to recieve a great deal of visitors. How do you advertise it? It offers a nice unique twist on things. I guess having something authentic or substantial to say is the most important factor.

投稿: Ema Pfalmer | 2010年12月13日 (月) 12時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 夢今第14夜にゲストrabbitfighter参戦! | トップページ | わからないからガバナで踊れ。 »