« ヴィヴィアンと愛人(ラマン)とそのはじまり。 | トップページ | コトバとはその場の震え、さもありなん。 »

2010年11月29日 (月)

君に触れたいといつも思っているが

君に触れたいといつも思っているが
そんな尻尾で
誘ってくれとは
頼んでないぞ、

将門よ

|

« ヴィヴィアンと愛人(ラマン)とそのはじまり。 | トップページ | コトバとはその場の震え、さもありなん。 »

コメント

こんにちは!
うちの猫(メス)も足の間にしっぽを挟むことがよくあるので、きっと猫の好きなポージングなんでしょうね。変な所にしっぽを持っていくなと思いますが(笑)

投稿: patti | 2010年11月29日 (月) 13時05分

イヤンな感じですねぇ

欲求不満なのでしょうか・・・(謎)

投稿: 至峰山人 | 2010年11月29日 (月) 19時54分

pattiさん>把握可能な位置にあることに安心するのかも知んないですね。

山人>まあ、エロ飼い主の猫はエロ的な。

投稿: ヴィヴィアン | 2010年11月29日 (月) 22時13分

This page appears to get a great deal of visitors. How do you get traffic to it? It gives a nice individual twist on things. I guess having something real or substantial to talk about is the most important factor.

投稿: Troy Szwede | 2010年12月13日 (月) 12時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 君に触れたいといつも思っているが:

« ヴィヴィアンと愛人(ラマン)とそのはじまり。 | トップページ | コトバとはその場の震え、さもありなん。 »