« 血が甘いのには気づいてた。 | トップページ | 結論:奴は猫の皮かぶったグレムリンである。 »

2010年8月21日 (土)

糖尿病ぢゃなかったばかりか猫を飼いました。

糖尿病ぢゃなかったばかりか猫を飼いました。
アタシ、なんと糖尿病じゃありませんでした!!
まだインシュリンの結果は出てないのですが、
糖の増加の動きがむしろ平均よりも緩やか過ぎるぐらいだとか。
朝食ケーキも「食べたきゃお食べなさい」と言われる始末。

でもうっかりパンなど買ってしまったので、少しは食生活を改めようかと。
ご心配をおかけしました。
まあ、生き方は変えないぜ!!というアタシの気合が勝ってしまったのかしら。。。?

今日は少しまた、自分のお話をさせてください。

19歳であたしの精神が最高に不安定だった頃、
同じゼミの飲み仲間が安定剤のオーヴァードースで死にました。
アタシもそのあたり、一日40錠とか薬馬鹿のみしてラリッていたのに
死ねなかったのが悲しくてカウンセラーさんに嘆いたことがあったんです。
したら彼女に
「アナタにはまだやることがあるから死ねない」
といわれました。

「じゃ、やることやったら、きっと豆腐の角でも頭打って死ねるな」
そう思ってアタシは、死ぬために生きてきました。その死に様を選べる自由を
求める孤独がパワーの原動力であったような。
だから目先の何かをかなえるために自分の何かが犠牲になるのに何の迷いも
ありませんでした。主に体力。

だから糖尿かもと言われたことを書き込んだときに、健康第一とか病気を侮るな
というコメントが並んだのが不思議でしょうがなかった。健康をまもるために
何の迷いもなく行動できる人たちってどんな構造なんだろうかと。
で、大変申し訳ないのだけれど、この人たちはアタシが自分のコメントで
「本当ですか!?知りませんでした・・・・改めます」といった同意をすることで
鬼の首を取ったような快感に浸りたいだけなんじゃないかという気分になってしまい
ちっと文字を書くのをやめました。

アナタはひょっとしたら「なんてこというの!アタシはアナタが大事だから」と
仰るかもしれない。でも、あたしの周りでアタシに「大事だ、運命共同体だ、仲間だ」
とエキサイトした人たちがアタシの苦境に声をかけてくれたことがほぼ無いんですよ。
八月前半はあまりにしんどくて、誰かの声が聞きたくてつぶやきまくりでしたけどね。

やっぱり最近の愛してるとか、大切と言う言葉ってあまりにEASYですよ。
アタシ超苦手なんです、最初からタメ口使ったり、あだ名つけて呼び合えば親しくなれる
とか信じてる人たちが。だってそんなの気分の共有でしかない。
人と人とがわかりあうとか支えあうってそんなに簡単じゃないですよ。
でもって、ブログ読んだり掲示板でやりとりしてるうちにアタシのすべてを知った気に
なってしまう人たちも最近は距離感があわなかったり誤解がある場合は
遠慮なくぶった切ることにしてます。一度切れれば大抵の縁は終わってしまう。
でもそれでもあきらめぬ人が年に一人か二人いて、それで十分足りてしまうから
その辺は恐れずに。人間なんて詰まるところは一緒だけど、接し方は千差万別。
その落差を無視したほうがいい場合とそうじゃない場合がある。

なんだろう?

わかろうということに切実になっていると、
わかったつもりで接してくる人間に対して優しくなれないんですよ。

でもたぶん、トラウマも何も関係なく、アタシはこういう人間です。
だからお店やライブであったり、ブログで観察するくらいが丁度いいのだろうね。
でも今回の色々はバンドのウケが思ったより悪いと感じてしまい、
それで悩んだところに通知がきた、そんな感じです。

でもね、書けなかったのは他にも理由があって、猫を飼い始めたのです。
前回の日記でボソッと書いた「見合い」とは猫シェルターの面接のことでありました。
タイミングはよろしくなかったですが、断ると次の日程もみえず面倒だったので
激甘い検査ソーダを飲んで四回の採血検査を済ませた後で、ワインバーの
昼シャンパン飲んで喉を潤してからシェルターに。

アタシの引き取りたかった猫はいきなり片目があかなくなっていました。
風邪引いてたんです。
・・・よりにもよって引き取ろうとした日に風邪っぴき。
初めての猫飼いなのにもう病院。
しかもあまり人間好きじゃない様子。
ゲージから出された瞬間に他の猫と逃亡して目すらあわせない。
まるで憧れの男子に告白しようとして呼び出して、
その直前に話が合わないことがわかってどん引きする、みたいな。

でもこいつが先天的に回虫を身体に宿してるかもしれなくて
体の抵抗力が落ちるとそれが出る可能性があると聞いたとき
アタシはすっかり糖尿気分でしたから
こいつが健やかでいるために自分を律するのも悪くないな
と思ったのです。

でも帰宅早々、午前の検査からの疲れを引きずって偏頭痛を起こしたアタシ。
世話もそこそこにベッドにへたっていました。
すると忍者みたいに部屋の隙間をもとめて移動していた彼が何故かアタシの
ベッドの下に入り込み、クシュンクシュンとくしゃみ。

その上では先日からの咳をひきづってガフッガフッと咳き込むアタシ。
そしたら何故かこれからはこいつと生きていくんだなという実感がわいて
じーんとしてしまい涙が一粒こぼれました。


まあ、偏頭痛の痛さでも充分泣けるんですけど。


名前は、将門(マサカド)にしました。
オスです。
去勢済みなので残念ながら一生童貞です。

現在彼は絶賛引きこもり中で、部屋にダンボールハウスをつくったため
うちの自慢のチャイナポップのリヴィングが上野公園になってしまいました。

そんなわけでこれからは将門のこともブログに書いていきますので
よろしくお願いします。

|

« 血が甘いのには気づいてた。 | トップページ | 結論:奴は猫の皮かぶったグレムリンである。 »

コメント

じゃあ何の為にカミングアウトしたの?黙ってても良かったのに何で?皆からカラダを護る為のメッセージ、欲しかったからでしょ?浸ってるのはホントは本人なんだよ。

投稿: | 2010年8月21日 (土) 06時57分

 うん、だろうね・・・っていうのが分かった気になってるって言われそうなんだけど・・・だからこういう時書くの毎度ためらうし書かないです。で、店で言うと。でも今回はそれでもブログでも書いた気持ちもほんとだよって一応書いとくです。

投稿: まお | 2010年8月21日 (土) 08時09分

私自身が、医者に止められても辞めないで、結局治らない病気抱えて表現活動も殆ど出来なくなりましたが、後悔はしてないです。
病気でしんどいのは、普通に嫌ですけどね。

投稿: よしこの芽 | 2010年8月21日 (土) 09時39分

なにもなくてよかったです。僕としてはもっと音楽の話がききたいな。

投稿: やまさき | 2010年8月21日 (土) 10時41分

糖尿病じゃなくて本当良かった。身内で寝たきりになったり少し失明したり、大変さを見てるので本当心配したよ。気にするしないは自由だからそれでいいよ、それでも私は心配になったら心配だって言うよー。

投稿: もみじ | 2010年8月21日 (土) 11時52分

人の接し方は千差万別、難しいけどその通りだよね。
あと、このままいくと重い病気になるとして、自分のこと考えたら、自己愛や自己実現が強くない限り、気にしないし死ぬんだくらいだと思う、習慣変えるまでもないし、今の生き方や生活が大事なら本望だし。健康になろうとするのは、病気の壮絶な苦しみがある場合と生きたい場合、それ以上に身近な人に苦労をかける場合かな、お金や心身ともに。人が病気になるって聞いて心配しない、治るよう言わないのは、普段よっぽど健康か幸せで苦しみ分からないか、情が薄いか相手が嫌いかどうでもいいか、かな…。だからいきなり健康になろうと思わないのは普通だと思うよ、まして自己犠牲で頑張ってる限り。心配して牙をむかれたら傷つくけど心配なもんは心配、コメントしてる人はそんな感じじゃないかな。
将門くん可愛いね、お大事に!

投稿: もみじ | 2010年8月21日 (土) 14時40分

なるほど~やはりそうでしたかぁ。私も二ヶ月前くらい私のことわかってないのに、心配だからといって自分の意見を押しつけてくる人をちょっと突き放したら、ものすごく怒ったので、その人とは縁を切るはめになったことを思い出しました。この人は自分をただ認めてほしいだけだったんではないかと。でもみとらさんは私の想像をはるかにこえていました。人それぞれ価値観は色々だし、その人にしかわからない幸せとか苦しみもあるから、人の人生を変えようとすることは間違いなのだとその時、気づき逆に私も気をつけなきゃと思いました。でもみとらさんに元気になってほしかったことは間違いないです。わかってあげられなくてすみませんでした~でもなんかまた勉強になりました~糖尿病じゃなかったのと可愛いネコちゃん見つかってよかったですね☆彡

投稿: カモミール | 2010年8月21日 (土) 17時14分

なんだか馬鹿ばかしい!自分が人に対して何をしたか分かってんのかな。因果応報なわけだよ。ああがっかりした(笑)

投稿: | 2010年8月21日 (土) 21時59分

病気じゃないのに病気なフリするほうがアタシは嫌ですね。

勝手に期待して失望して、名前すら伏せる人間なら
嫌なら読まなきゃいいじゃんか。
それこそアタシに何を期待してんだか。

偽っていい顔して好かれる努力なんかしませんよ。

変わりのマイナーヒーロー探せって。
腐るほどいるだろよ。

投稿: ヴィヴィアン | 2010年8月22日 (日) 00時04分

そんなこと言ったら結果的だけど病気のフリになってたよって言われちゃうよ…
私は尊重するし気にならないけど、人それぞれ千差万別なら、まとめて鬼の首取りにきたんでしょって言うのは…心配したり病気で苦しんでる人は傷ついたと思うよ。嫌な人に言葉合わせて親身の人切ることないと思うよ。でも今回は皆嫌な人だったのかな、ゴメンね。

投稿: もみじ | 2010年8月22日 (日) 12時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 血が甘いのには気づいてた。 | トップページ | 結論:奴は猫の皮かぶったグレムリンである。 »