« 芝居の感じ方、アタシの場合。 | トップページ | 思いやりサプライズ »

2010年6月30日 (水)

霊能者がみた2010年W杯日本代表サッカー

100630_002501_2
写真はパラグアイの3番のモレルの印象です。
でも髪を黒く塗らなきゃ「ぽさ」がでないすね。

いやー惜しかった。。。。
日本代表、でもいい試合でしたね。
最後に皆泣いてたのがよかった。
あそこで泣けるのは本気の勝負をしていた証拠であります。
GKの川島さんの安心感にちょっと萌えた日々でもありました。
あのメンバーがするサッカーをもうちょっと見たかったです。

昨日の試合の印象、アタシはサッカーのオフサイドすら
未だによくわからない人間でありますが日本のサッカーは
ここまでの試合と比べてほんの少しだけ浮き足立ってた気がします。
パスした場所に人がいないとか
今までより定まってないシュートが目立ったような。
トーナメント独特の雰囲気に若干パラグアイより呑まれたのかなと思いました。

でも、そういうのって練習してどうなる問題でもなく
負けたら後が無いトーナメント独特の雰囲気に呑まれず
状況を冷静に見て地道に相手の隙をみつけて崩そうとする
粘り強さとか精神面とか集中力をいかに保つかの闘いな気がするんです。

中田氏がコメントで言ってた「実力が出せなかった」というのは
この部分じゃないのかなあとアタシは勝手に思ってました。

前半をみながら若干アガッたチームをいかに落ち着けるか、
アタシが岡田監督だったらどーするんだろう?
さっそくタイム?いきなり前半で交代?やっぱ見守るしかないのかなとか
ずっと考えていたのですが、考えても答えは出ませんでした。
でも答えがすぐに出ないからこそ、選手も皆泣いたのかもしれません。

身体能力や決定力とかよりも今出来ることを
自分たちの素質を生かしてやりとおすのが日本のサッカーじゃないのかな。
いやそれはサッカーに限っての事じゃないとおもいますが。
アタシは日本の持ち味とは素材を生かして現状でできる最大限を試すこと、
これに尽きるのではないかと思うのです。

でも、今の日本のサッカーは政治にも言えることだけど
ある一定年数の猶予を与えないですよね。
持ち味やカラーを判断するのって、
ある程度のトライアンドエラーを含めてある一定の指揮官が
代表のカラーを感じながらその年の選手の良さを当てはめていくような
そんな余裕が必要だと思うのです。

アタシは桑沢で講師をしていますが、
毎年カラーが変わる36人程度の学生を相手にするのに
数年のトライアンドエラーや前年度の体感的な比較が出来るからこそ
余裕をもった改編や取捨選択ができている気がするのです。

結果がすぐ出ないからハイ解任、とかだと
今回のように監督と選手が一丸となった素晴らしいチームの発生が
偶然の産物になる訳で、だからこそ、
もうこれでみられないのかーというがっかりで悲しくもなるのです。
まるでスロットやルービックキューブみたいだもの。

mixiで書いてる人がいましたがある意味高校野球みたい。
日本代表が池田の蔦監督、だったり、常総学院の木内監督
みたいな安定したブランドを岡田監督でできたらいいなと思ってやみません。
一素人としては。

日本はあらゆる場面で
時間をかけて成長を見守らなきゃいけないものを
見極める側面にきてるのかもしれませんね。

|

« 芝居の感じ方、アタシの場合。 | トップページ | 思いやりサプライズ »

コメント

 おおう、プロ野球に対する水島新司先生のような事をおっしゃってる。うざいかもしれませんがあえて書きますね。

 まあプロ野球も監督コロコロ最近変わってる訳ですよ。それを先生は憂えてまして。曰く『チームを作るには最低5年は必要なんじゃないか。それ位の猶予を監督になぜ与えないのか』と。まあ5年が正しいかは置いておくとして確かに最近世の中何事も結果を早く早くって私も含めてなりがちですけど、長期的な目線って、本当は必要なんですよね。だって少しづつ変わってきてる事だってあるし、それが一気に花開く事だってあるんですから。サッカーもそうですし、はやぶさの技術だってそうですしね。

投稿: まお | 2010年6月30日 (水) 23時59分

まおさん>面白い意見です。アタシもぼちぼち気づいてきましたがスローペースで育てるたのしみって奴にさく時間がやっぱ必要ですよね。たぶん、近代以降の追いつけ追い越せの感覚を捨て、だらんと長い江戸時代の感覚と言いますか。日常の中で大きな変化はなくとも、退屈しないように明日を夢見る感じというかな。でもその夢はささやかでも大きくてもいい、そんなチャンネルが求められている時代かも。

投稿: ヴィヴィアン | 2010年7月 2日 (金) 21時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 芝居の感じ方、アタシの場合。 | トップページ | 思いやりサプライズ »