« アタシがここにきてサッカーを見始めた理由 | トップページ | 上半期のあなたリセット祭り到来! »

2010年6月28日 (月)

錯乱する平穏と10万の出費。

100627_184601
のどあたりの調子はやっぱり悪いし
生理にもなっているので遠出する気にもとてもなれず。
いつも血が出だすと気分がスッキリするのにそれもなし。
最近自分の負担になりそうなやりとりから身を置いたので
身辺が静かである。
ライブにさえ追われていない。

しかし
パニックになった。

自分を抑圧するプレッシャーをほぼ感じない
その居心地が何とも気持ちが悪く
朝から気持ちが悪い、居心地が悪いと繰り返し
忙しいといって避けてすっ飛ばしてきた何もかもが目に入る事に
雪崩のような恐怖を感じ

我慢できなくてとうとうタバコをくわえた。

こんなんだったら薬をだらだら飲みながら身体を引きづって
生きていたほうが何も考えなくて楽だし幸せじゃないかと不意に思った。
来月から週3回勤務になるのに大丈夫なのか、アタシ?

思えば高校ぐらいから環境から逃れて居場所がほしかったり
このままではだめになるとかいう焦りや
心だけでも救いが欲しいと思って時間を埋めて生きてきたので

何もないニュートラルな気分からさらに楽しいことや
良くなることを追い求めて行動を起こすという
楽しい積み木のような生き方をたぶんやったことがなくて
というか、そうやっていた過去が思い出せないほど前なのだと思う。

でももしかしたら世の中の人は上記のように
ニュートラルに快楽を積み重ねて生きているのかもしれない。

今までのアタシは
到達出来ているはずの部分にたりない不足を埋めるためだったり
なんらかの辛いことを埋め合わせるために走ってきて
そういう同じ感覚の人にもっと走ってくださいなどと
肯定されてきた感じがあるので自分のこの生き方を言語化することも
疑うこともなかった。

アタシとしては不意に感じてしまったこのニュートラルから始める
生き方を肯定して突き進んでみたいがほんとうにいいのかと懐疑的。

お客さんの立場になった気分だった。
誰かに背中を押してほしいのは今の立ち位置を確かめるとか
立ち位置が許されていることに安心して舵が取りたいからなんだろう
そんなことを考えたらちょっと新しいことを勉強した気分になった。

その後、

不意に今朝の夢にとある神社が出たのを夕方になって思いだし
いまから行くので御祈祷してくれませんかといったら
さすがに無理といわれたのでお参りだけして
家に戻ったら急にその足で買い物したくなって
気になってた服屋に行ったら店員さんがあれやこれや服を薦めてくれて
どれもいい感じだったから全部買ったら10万近くなった。

ちょっと店員さんが引いたが、
すごく一生懸命だったし、閉店時間が過ぎてたのに親身になってくれたし
滅多に買いに行く機会もなかったんだからええんちゃう?と思った。
皆がハッピーなのに出費を惜しむ必要などないのだ。
しかし最近H.P.FRANCEにやけに縁があると思う。
明日からオシャレ番長やな、と思ったら楽しくなった。
また古い服を処分セナ...でも今日は考えない。

自分のために時間をつくってしかも身体のためであって
なおかつ金まで払っている優越感と満足感を感じたのは
最近お医者さんに行く時しかなかったので新鮮だったと夜
友達に電話で話をしたら、藍屋の白袴という言葉を教えてくれた。

君と同じセリフを客が言ったら君は何ていうよ?
と質問されたので心の中で
きっと心がビョーキというだろうと思った。悪くはないが。

「悪くはないが、今日を楽しめたら描く明日がこれまでより
きっと良い未来を引き寄せるようになるであろうというと思う」
と回答したら、ちょっと自分にもこれを言ったら今日の感覚が
スタンダードになるやもしれんと思った。

明日からまた流されるとしても今日感じたことがよかったと
思ったことは変わらんだろうし
何よりとりとめのない会話をして終わろうとして
いいことを学べたのでちょっと嬉しくなったので
今日はこれをブログに書くことにした。

画像はスタバの今日のコーヒーとポテチ。
スタバのポテチはアタシの中で最高のぜいたく品である。

|

« アタシがここにきてサッカーを見始めた理由 | トップページ | 上半期のあなたリセット祭り到来! »

コメント

ミトラさんにあてはまるかどうかは別として最近私が精神的につらかった時に読んで感動した98歳のおばあちゃんの詩をご紹介します♪98歳の方がいうとさすがに深みと重みが伝わってくるなぁと。


くじけないで

ねぇ 不幸だなんて溜息をつかないで
陽射しやそよ風はえこひいきしない

夢は平等にみられるのよ
 
私 辛いことがあったけど
生きていてよかった

あなたもくじけずに
by柴田トヨ

これと同じようにミトラさんは自分の身を削ってたくさんの人を救ってきているのですからそんな自分にたくさんのご褒美を♪

投稿: カモミール | 2010年6月28日 (月) 09時34分

カモミールさま>絡んでくれてありがとう☆素敵な詩だね。人生の先輩がくれる全てを飲み込んだ上でシンプルに人生を説いてくれる優しさはスゴいなと思います。思えばこの仕事をはじめた時、戴いたお金を使うことさえ戸惑っていました。今はこれが生活の糧なんで奇麗事言ってられませんが、幸せになりたくて使ってくれたお金なんだから幸せになれってそれだけなんだよね、多分。

投稿: ヴィヴィアン | 2010年6月28日 (月) 16時39分

アッシュぺーですか!
よかな~ 羨ましい。
現在ユニーククロージングすら買えな…
つらくなるのでやめます 笑

お金ためて会いにいきますね。
私の最近の口癖
「どうせ死ぬまで生きるんだから。」
唱えると不思議と気がぬけてふにゃりと笑えます。
ぐうたら色香運転手より
「オススメダメ語録」でした。

投稿: 色香運転手 | 2010年6月28日 (月) 17時27分

そうですよー!この世に1つしかない貴重な存在なんですから~!

投稿: カモミール | 2010年6月29日 (火) 14時43分

色香さま>あの系列は観てるだけでも楽しいですよねえ。緩め具合を調整する言葉は必要なり。

カモミールさま>ありがとう。アタシの変わりは正直誰にでもいるけど、アタシにとってのアタシはこの体だけだしな、なんて発見もしました。

投稿: ヴィヴィアン | 2010年6月29日 (火) 21時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アタシがここにきてサッカーを見始めた理由 | トップページ | 上半期のあなたリセット祭り到来! »