« 展示開始! | トップページ | 呪いじゃないかという事態。 »

2009年11月 4日 (水)

見えない時は英国にかえる。

見えない時は英国にかえる。
先日VMCで特集をみてMUSEが好きになり
CDを大人買いしました。

ライブで心の置き場が見えなくなると
oasisとかkasabianとか聴くんです。

魅了する声の置き場所とか
空間に対する響きの回し方とか
高揚する感じを身体に落とし込む。


生前何をしてようが
仏教は死んだらみんな仏さんでしょ?

お経のあの独特の低い声で発せられる響きが
魂をシャッフルして一蓮托生で魂を天にあげるんだろうと考え

アタシもフロアを一律にあげるため
自分の声は低く作ってきた訳なんだけど、

MUSEはそんな理屈お構いなしで
あの高音ボイスとドラマチックな展開で
アタシをあげてくるのが気持ちいい。


緊張しとるのか8日の近未来映像で
アタシが弦切ったり
歌詞飛ばすとこばっか見えるから
こりゃ神頼みしとかなきゃやべーかなと思う
31歳ヘタレ女であります。


んーやはり乙女は繊細ね。

|

« 展示開始! | トップページ | 呪いじゃないかという事態。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 見えない時は英国にかえる。:

« 展示開始! | トップページ | 呪いじゃないかという事態。 »