« やさぐれブログはいよいよ17万アクセス時代へ  | トップページ | 小泉信次郎はタイプです。     »

2009年9月15日 (火)

再びの授業、そして、ジ★ハード。

再びの授業、そして、ジ★ハード。
あー…
昨日から練習して臨んだにも関わらず
桑沢にてテンパったオリエンテーションを
やってしまいました。

上ずった声出しやがって
おめーは美味しんぼの係長かっての。

でもまあ、過ぎたことはさ、仕方ないやね。


で、その帰宅途中から変だと思ってたんすが
奴が出血しておりました。

彼の名前、イボ痔改め
イボジ・ナガキイスワリー

ステージはすっかり遠くなりましたが
奴の痛みはベリークローストゥミー。

しかもどんな受難(治療)にも耐え続ける愛の深さ。

悩んだ末、
最初に治療を受けた元の主治医へ。

なんで別院に行ってたかって
その医者が引っ越した先を探すのが
面倒だったからなんだけど
行ってみたら思ったより近かったわ。


若い先生じゃなくおじいちゃん先生を迷わず選択したアタシに驚く受付。


「え、だって痔の治療ですから。」


と人がいようと居まいと
普通のトーンで返せるようになりました。
馴れってすごいね。


脱いで見せるのも馴れたもの。


しかし、
触診がはじまるときに
「おお、貴重な男性からの秘部への接触!」
と噛み締めるように思うのは心が病気かもしれません。


で、処方は漢方その他へ切り替え。
耕一さん、ありがとう…。


さあ、これで治るか?!
でもこれで治ると接触の機会が…
と思うアタシはやっぱり病んでいるようです。

|

« やさぐれブログはいよいよ17万アクセス時代へ  | トップページ | 小泉信次郎はタイプです。     »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 再びの授業、そして、ジ★ハード。:

« やさぐれブログはいよいよ17万アクセス時代へ  | トップページ | 小泉信次郎はタイプです。     »