« 好きな言葉嫌いな言葉 | トップページ | 原宿で発狂。 »

2009年8月14日 (金)

隣で寝ている、しかし誰かは分からない。

隣で寝ている、しかし誰かは分からない。
明け方まで眠れずフラフラしながら
職場に向かっていたアタクシでしたが
あることをしてから急に寝付きがよくなり
朝もそれまでより二時間位
早く起きられるようになりました。


何をしたかって?
枕をベッドに2つひいたとです。

本当それだけ
たったそれだけ


しかし何故(・・;)))?


イ、潜在的な孤独感が癒された。
ロ、アタシについて回ってる霊が寝付けるようになった
ハ、近い将来またダーリンが出来る暗示


イマイチ正体は分からず。

同僚曰く、
運命の相手のふりして忍び寄る怨霊かもよ?

とのこと。
でもネタ的に美味しいので放置してます。

だもんですんません、
お祓いもしないで大丈夫です、

だって美彪、彼がいなくなったら
マンモスかなピー!!!

あ、ポッポ言ってもクスリちゃいますよ、天然疲労です。

とはいえ最近は元気です。


ちなみに
写真は昨日作った鶏肉の塩焼きと空心菜の炒め。

|

« 好きな言葉嫌いな言葉 | トップページ | 原宿で発狂。 »

コメント

近い将来またダーリンが出来る暗示!!

で、お願いします!!

投稿: アヤ | 2009年8月14日 (金) 02時15分

俺の相方も、かなりその傾向があるが、なぜそうすると安心できるのか?という事をしてる時は、たいがい、その時は意味不明に見えて、あとから必然がついてくるものさ。

いきなり、隣に眠るやつが現れた時に、枕が無いと焦るのが嫌なのかもな。

投稿: 白犬 | 2009年8月14日 (金) 03時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 隣で寝ている、しかし誰かは分からない。:

« 好きな言葉嫌いな言葉 | トップページ | 原宿で発狂。 »