« 三年たってやっと発表できたオクラ寸前新曲「雨待ち唄」 | トップページ | 解せん。 »

2009年5月 2日 (土)

生物最後のワガママの話

生物最後のワガママの話
アタシが純情だった頃、
男の人を振るときに見せられるしょげた顔が可哀想で申し訳なくて上手く断れず自分を責めてしまう、

と上司に相談したところ、

「美彪先生、鳥だって求愛行為に出るとき、どんだけオスが頑張ろうが、気に入らなきゃメスはバイバイな訳よ、恋愛におけるイエスノーは生物最後のワガママじゃない?」

という答えが。

けだし名言なり。

最近ある人にゴメンナサイを言ったのですが上手く伝わらず、

今日も来たメールにキレたアタシは思わず携帯の画面を三発ほど殴ってしまいました。

あ、皆さん
電話器自体は壊れてません、
心配しないで。


でもよくありますよね、文字は相手に届いてもこちらの意図や思いは圏外。


おあとがよろしいようで。

|

« 三年たってやっと発表できたオクラ寸前新曲「雨待ち唄」 | トップページ | 解せん。 »

コメント

そのワガママに、どんだけ泣かされたか…

それでも愛してしまう。
オスって奴は、どうしようもないんだなぁ。

投稿: 白犬 | 2009年5月 2日 (土) 11時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 生物最後のワガママの話:

» あー!!そこそこ!!!! [剥けてない]
オレ童.貞だし、どこを舐めたら感じるのか全然わかんなかったんだけどさ、 工口工口お姉様がいっぱい講義してくれたわwwwwwww おかげでもう一瞬で潮ピュッピュさせてやれるぜwww ... [続きを読む]

受信: 2009年5月 2日 (土) 12時48分

« 三年たってやっと発表できたオクラ寸前新曲「雨待ち唄」 | トップページ | 解せん。 »