« 阿佐ヶ谷でソロ7000円でライヴが出来ます! | トップページ | あとちょっとだけ人間やめてみる »

2009年5月18日 (月)

救済と甘い夢。

救済と甘い夢。
ヤスラギのお客様をはじめとして
卒業した桑沢生の事を考えても
あまりブログにネガティブな事は書くべきではない
と実は最近思うわけです。

でも最近久々に意識して解放した言葉があって。

その文はアタシ的に絶望でありながらも
なんだかやけに強さと光があって
だからノートから押し出してみました。

なんとなく昔
腕にガシガシ傷を入れてた時に
発表した文に似ていたんだな。


一通だけメールが届いてました。
「あなたが人間だと思えて安心した。
私は上から言葉を投げて来るような霊能者は
信用できないたちだから」

細部は変えて書かせていただいてますがこんな感じでした。


アタシの中で救いの定義が確定したよ、
答えなき泥沼の行軍の中にいきなり開く風穴、
もしくは
暗中模索の暗闇にさす一条の光、
それが救いなのだよ。


アタシはさあ
HN使って匿名で吐かれる毒とか
もしくは
名前出して漂白された日常を書くスターとか
が蔓延するハーフリアルばかりの時代の中で
所在特定可能なリアルとしてこの世界に存在したかったのだよ。


アタシがそうじゃなきゃ触れられない層がいる
という確信を思い出させて貰えた。

ありがとう。


では男とはなんだ?


まあ言うなれば甘い夢、


人間誰しも一度はヘンデルかグレーテルであるならば

グレーテルなアタシが夢見たお菓子の家さ、
違いねえ。


だから今はひたすらお菓子を食べるのさ。


写真は今日の受けた愛その壱。

|

« 阿佐ヶ谷でソロ7000円でライヴが出来ます! | トップページ | あとちょっとだけ人間やめてみる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 救済と甘い夢。:

« 阿佐ヶ谷でソロ7000円でライヴが出来ます! | トップページ | あとちょっとだけ人間やめてみる »