« 心配かけてすいません。 | トップページ | すごい事に気付きました。 »

2009年3月 2日 (月)

独パン二回目出演記念「外は三月」動画と歌詞UP!!!

「外は三月」2009/2/25 渋谷APIA 
撮影:あいこ@まぐだらのこざる(もはやベテラン)

外は三月

作詞:作曲 六九狂ヴィヴィアン

 

今俺は台所で 奇跡を待っているところ

くわえ煙草に火をつけて 何かたずねている

かみ締めたフィルターには ほのかに桃の味

しわがれきった呼び声に 悪夢を待っている

 

トム・ウェイツ啼くメリーゴーランド

トム・ウェイツ啼くメリーゴーランド

 

震えてる

震えてる

外は三月

 

waitがかかっている 台所から動けない

換気扇がたてる音に 理由を聞いている

ニコチンがまわしている 

過剰摂取のメリーゴーランド

天使の肋骨もぎ取って 希望をつくるのさ

 

回転木馬は止まらない

回転木馬は止まらない

 

打たなきゃいけないメールを忘れてしまったよ

言わなきゃいけない言葉をなくしてしまったよ

 

中盤演奏

回転木馬はとまらない

回転木馬はとまらない

回転木馬はとまらない

回転木馬はとまらない

 

Ah--------

Ah--------

Ah--------

 

天使も悪魔もエタンもメタンも

踊り果ててしまえばいいのさ

換気扇が轟音立てるこの部屋で 

午前三時のダイニングテーブル

正邪も正誤も狂えばいいのさ

マッチが擦れる刹那に揺れるこの部屋で

 

打たなきゃいけないメールを忘れてしまったよ

言わなきゃいけない言葉をなくしてしまったよ

 

Ah-------------外は三月

Ah-------------外は三月

Ah-------------外は三月

Ah-------------外は三月!!


 

あのころ、
深夜の部屋でトムウェイツが唸っていた。
あのころ、
アタシは身動きも出来ずにただ部屋にいた。
あのころ、
動きたいのに動けないあたしの部屋から一歩出たら
外は桜咲く三月だった。

実は古い曲だ。
最初にライブでやった曲でもある。
最初に作ったときはパワーコードだった。
のちに最初のAPIAブッキングライブにきてくれた子の
アドバイスに従いコードとアレンジを変えた。

誰とも繋がれぬ三月は氷のように寒かった。


3/3(火)高円寺ペンギンハウス 
チバ大三主催 独唱パンク春の災典
開場19:00 開演19:30  当日のみ\1800(オーダー別)
よこいみなか/三角みづ紀/六九狂ヴィヴィアン/
ゴトウイズミ+アコーディオン(from広島)/火取ゆき
これに出ると個性的な弾き語りと認識される
ある種のステイタスを獲得しているイヴェントです。
代表曲オンパレードで攻める予定。

|

« 心配かけてすいません。 | トップページ | すごい事に気付きました。 »

コメント

突き刺さるような歌詞がいいです。
今回も、なんだかちょうどいい感じで伝わって来ている感じがします。

なんか、音楽の事良く分からないので、褒め言葉のボキャブラリーがなくてすみません。

でも、唄い方と歌詞の強さと演奏のバランスが心地よく、ミトラさんの伝えたい事を伝えてるような気がしました。

また、動画楽しみにしてますね。

投稿: カッツェ | 2009年3月 5日 (木) 16時52分

遅くなったけど、3月3日出演ありがとう!
イベントの流れの中で、一番難しい位置だったと思う。
でもそこに立てるのは、ヴィヴィアンしか居ないと思った。
「外は三月」、歪ませたのが良いと言ったけど、あらためて動画観て、
歌が良いんだよ。念が篭ってて。
歪ませず、しかもスローナンバーにしても、良いと思うな。

どんどん新しくなっていきたい性格だろうけど(俺もそういう部分あり)、
一曲を何度も何度も何年も演っていると、だんだん意識しなくてもカタチ(アレンジや歌い方)が変わって来る。
その時に初めて知る自分の個性や、自分と歌の新たな展開が始まる。

またヴィヴィアン・ライブに触れる機会と、独パン出演、楽しみにしてます!

投稿: チバ大三 | 2009年3月10日 (火) 03時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 心配かけてすいません。 | トップページ | すごい事に気付きました。 »