« その夜はゲルマニウム。 | トップページ | ひさびさにフロアぶっ殺したいなどと殺気だってしまいました。 »

2008年11月14日 (金)

スメルズライクフリーダムスピリット(SMELLS LIKE FREEDOM SPIRITS)

081114_0820001


今夜のお役目。11/14(金)中野moonstep

OPEN 18:30 START 19:00
ADV1200円+1D
 DAY1500円+1D
共演/ 井上卓(大阪)/谷洋平/鉄球&ハイブリッツ/服部繁人

今夜もブログでみたとお伝えください。


睡眠に対する努力は6時間が限界だということを学んだ気がする。不眠の先輩曰く、「たとえ眠ることが出来なくても身体を横たえることは重要である」そうなので、体位を変えつつシーツの感触と体を感じ取る。昔テレビに出ていた30年以上眠ったことのない女性が「眠れないことは孤独であった」と語っていたのを思い出す。確かに他の住戸の住人が寝息を立てている時間にそれに追随する努力をしているのに立ち遅れるのには劣等感を感じる。風呂に入って即布団に潜り込み、身体の末梢神経が弛緩するのを感じても頭の芯は冴えわたる。無論、ヌいても駄目。心ある知人がいつでも夜の相手をしてやるという申し出を乾いた笑顔でかわしつつ、思いやりと気遣いだけを貰う。やはりこの状況を打破するのはブラックに富んだ彼のようなユーモアであって悲観主義ではない。でもって、睡眠薬や安定剤の類も大層熱狂的な歓迎をしてしまう身体なので宜しくないとただでさえ、ロックンロールという幻想を伴って鑑賞されるアタシの生き方は不眠というカードを切ったことでさらに娯楽と化したはずだ。ただいつでも身体が重くてだるいのと体にリズムがないことで感情の制御が難しくなる可能性が高いので騒がしい場所は出来るだけ避けようかとは思う。


さらにゲルマニウムの夜を読み進めるうちに主人公の名前が判別した。彼は宗教と対決してあがいている、どうしていつもこういう本を選んでしまうかなあと思いつつ、いや、今読むべき本なのだろうと思いなおす。神と友人になろうとするなら教義に追随せずに問わねばならない。神と友人になりたくばその概念を問うことだとアタシは思う。何故なら友人とは存在を問い続ける対象なのであり、対話なくして友情は成り立たない。無論対話とは実際の会話のみを示さない、興味や関心を持ち続けるにはやはりどっか冷静に傍観出来るだけの距離が必要なのだ。しかし、先日店で習った「方位取り」を遂行しない理由を店長にどう言おう?気持は嬉しかったがアタシは自分の本心を裏切れないのだ、あからさまに神の御力を頼って成し遂げた何かを人生なんて呼べるか?アタシの答えはNOだ。ミエルキコエルという能力を有しながら、その神秘への絶対的な感謝と信仰を絶対視することも掲げることも出来ないアタシはスピリチュアルというカテゴリーでもかなり浮いている。もし自分が神だとしたら自分を信仰しなきゃいけない理由を問うか?単純に自分を問うはずだ、だからアタシもそうする、アタシは御上と生命の存続やら宇宙やら心理やら輪廻という概念に対してアタシなりの経験をもとに存在に尊敬をこめて対話がしたいのだ。


アタシをミステリアスと人がいうのはアタシに明確な所属がないからだ、アタシはアタシという非売品であり、しいていうなら「近藤家」という血統だけがアタシの所属のリアルだ。アタシがブログで内面をぶっちゃけることができるのも、多少ぶっちゃけたところで全貌がつかめるほどのやわな精神性など持ち合わせちゃいないぜという自信とプライドがあるからだ。しかし同時に理解されたいという要求は矛盾するようにアタシの感性を揺らすだろう。道も居場所も永遠にない。アタシの居場所はアタシだが、そのアタシさえも日々変わる。アタシにはただやりたいことだけがあってそれをやり続けた結果、摩耗した精神で眠りをなくし、ロックンロールと言われていて冒頭につながる。そういえば、浅草のライブに教え子が母を伴ってやってきた。彼女の母はアタシのライブを観て「解放された」と言ったらしい。彼女はいう「先生のライブは自由の香りがする」。スメルズライクフリーダムスピリット、新しくも美しい称号、いいね、今夜もギグだ。アタシの体はどうでもいいがたった一人の言葉でロックンロールは続くらしい。

|

« その夜はゲルマニウム。 | トップページ | ひさびさにフロアぶっ殺したいなどと殺気だってしまいました。 »

コメント

ライブ空間は自分で作るもの・・・と考えると、確かに自由です!きっと。

投稿: ハネダアズサ | 2008年11月14日 (金) 23時01分

そんな夜は、添い寝してやるから、言ってくれ。

神様に対する気持ちは、己の立ち位置の問題だと思うぜ。
その証拠に、俺の相方もまた普通と対応が違っているだろ?

投稿: 白犬 | 2008年11月15日 (土) 15時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« その夜はゲルマニウム。 | トップページ | ひさびさにフロアぶっ殺したいなどと殺気だってしまいました。 »