« かつてアタシは組織をひとつ潰した。 | トップページ | スメルズライクフリーダムスピリット(SMELLS LIKE FREEDOM SPIRITS) »

2008年11月13日 (木)

その夜はゲルマニウム。

その夜はゲルマニウム。
最近花村萬月氏の「ゲルマニウムの夜」を読みはじめました。

昔、文体が似てると言われたことがありまして、
興味を持ったとです。

まだ第一章だけなんですが
ヤバイ、好き。


殺人して昔世話になった救護院に
身を隠すために戻ってきた青年が筆下ろしをするまでの部分なんですが

リアル。

たまたま出会った女に思いがけなく性的衝動を抱いてしまった心の葛藤、
実際にファックに突入するまでの両者の空気を舐めるような描写。


事をおえたあとの青年がかもしだす
「こんなものか」感。

アタシね、美も蓋もない物が好きなんです。
金閣寺のラストとか。

あんなに妄想してとりつかれて
破滅を望んだのにやっぱ生きるみたいな。

チバの詩も本質的に同じ空気。
投げ出してみたけどまだ人生続いてたとか
これが最後だと思ったのにまだ尺があったみたいな

そういう自分の生命力を暴力的に投げやりに試したいんだよね。


生きること?
ハッ下らねえ、でもそこがいい
と言い続けるよな立ち位置のバランス。

まじ素晴らしいぜ。

|

« かつてアタシは組織をひとつ潰した。 | トップページ | スメルズライクフリーダムスピリット(SMELLS LIKE FREEDOM SPIRITS) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: その夜はゲルマニウム。:

« かつてアタシは組織をひとつ潰した。 | トップページ | スメルズライクフリーダムスピリット(SMELLS LIKE FREEDOM SPIRITS) »