« 桜の花、満開の下という衝動 | トップページ | 盛るというより埋める。 »

2008年10月24日 (金)

大平の虎という狼藉者。

Dscf9918mini


お知らせ

今日のブログみましたと言った方も前売りで入れるようにします。

それ以前に予約くださった方にはささやかなおまけをつけますね。


大平の虎

公式サイトはコチラ

どおおりゃああああああああっ!

ちょえええええええええっ!!!


まるで町田康の小説ばりの掛け声が響く。時は20000Vのリハタイム。アタシのリハ中に目の前でプロレスしてる奴がいる。これが大平の虎だった。リハのあとでちょっと外を歩くとメンバーさんとすれ違ったが、戻ってきた頃には顔が赤かった。ボーカル氏がライブ中に言うことには「今日は酒をのんでライブしてみました~」とのこと。ライブの最後にはギターがベースに自分のギターをブチ込んだ。ロックンロールだなあと思った。そして20000Vが似合うバンドだと思った。ドラムががあああああって鳴り響くステージで暴れまわる二人はガレージの狼藉者であり、アタシはいいなあと思った。印象的なライブだった。二回目の共演の機会をアタシは自分が風邪で倒れて逸して残念だったが、この企画コンセプトで最初に誘いたいバンドだった。ロックンロールでありたいと願う前に、すでに此処しか居場所がないだろうという諦念にも似た移住具合。ここしか居場所がないのならせめてカッコよくなってさらに売れたいという感じ。そんなところが狼藉者といいたくなる所以だし、同時に20000Vっぽいのである。


 彼らを見ると思うのだけど、「音楽でしか生きられない」と「ロックンロールでしか生きられない」は実は「ラヴ」と「ピース」が違うことくらいに違うのだと思う。自分の作ったメロディーに乗せるジャンルの音を選べる奴と、そういう前提すらなくマーシャルにシールドをブチ込む奴は違う。そして前者はたぶんアタシが思うに、後者に永遠に憧れ続け、その感情を認めて後者には本質的になれないという諦念から出発しない限り、本物にはなれない。自分たちへの模索がたくさんあると感じるくらい荒削りな光だけど、でも大平の虎は確実にかっこいい後者なのだ。

|

« 桜の花、満開の下という衝動 | トップページ | 盛るというより埋める。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 桜の花、満開の下という衝動 | トップページ | 盛るというより埋める。 »