« 水曜日にやる「或いは、なべて水の戯れ」という初2マンという挑戦。 | トップページ | シンシティお色気大作戦 »

2008年10月 8日 (水)

カッコイイと言われたい、カッコイイと言わせたい。(桑沢展示初日パーティーを終えて)

Mokusaru1
パーティー最後に皆で撮影した記念写真★

 19歳の五月、抱えきれない精神的なショックで閉じこもった日の光も満足に差し込まない部屋で、かかってきた電話も無視し、ロフトの階段に座っていたアタシに希望を教えたのはCDのジャケットと雑誌のグラビアだった。スピリチュアリストが大好きな言い回しをすれば、今の生き方をするためにその出来事があったとでもいえばよさそうだが冗談じゃない、アタシはその期間を人生の無駄にするのが嫌でもっとも有効利用する生き方を模索したら今のアタシになったというだけだ。


 多くのアーティストは取り違える、自己主張と我儘を通すことがアートだと。しかしそれが職業と認知されるには生活が成り立つだけの人間に価値を認知され必要だと思われなければ社会的な職業だとはいえない。その一定数を確保しつつなおかつ自分である続けることに誠実であることが必要で、その結果がその葛藤を理解できない一般人に我儘だと認知されるというだけなのだ。アタシは表現という領域で社会的にアーティストになりたかったがセルアウトになることは強情なアタシにはとてつもなく遠い道だった。


 版画家の時は頭の中で奈良美智の横浜美術館の個展が何度も思い返された。あの位置まで有名にならなければ19歳の誰かに届かない、と。音楽をやってもライブハウスにいるのは共演者ばかりで、一番会いたい19歳前後の子にはなかなか出会えない。道端で歌うのはキャラじゃないし、じゃあやっぱ売れるしかないのか?そんなわけでアタシは何をやっても焦っていたのだ。


 日曜日、三年目を迎える桑沢デザイン研究所の三年生との木版画の展示はついに今までで最も盛大なる規模となり、アタシの友人や他の授業の先生、他の部屋の展示者、そしてずっと交流を望んでいた卒業生の来場によってパーティーに活気が生まれた。今年はついに外国人旅行者に生徒の作品が所望され売買契約に至るというハプニングも起き空間はマジカルで混沌としたものになった。で、そんな中、アタシはその日、会の中盤でギターを持ったのだ。アタシの生徒が拍手してくれる中で歌を歌える喜びというものが一曲一曲重ねる中で大きくなる。アタシの作品があってアタシの生徒がいてアタシの仲間がいるという空間でアタシはアメリカのファミリー映画のハズバンドみたいに幸福を噛んだ。生徒の一人が個別にくれたメールに「先生はカッコイイ。」と書いてあった。嬉しかった。アタシはずっとカッコイイと言われ、カッコいいといわれる表現をしたくてここだけはブレさせずに生きてきたのだから。


アタシはずっと19歳のままだ。19歳のアタシみたいな子にカッコイイと言われ、こんな風になりたいとかこういう作品を作りたいと思われたいと願ってる。でもってアタシのままでいいんだなと思わせてくれる勇気をくれた数少ないオトナと同じかそれ以上のセリフを言いたい。そのために表現者としての孤独に沈み、極限の言葉をもとめてフリーズするまで考え抜き自分を追い込み続けてきた。イイとは言われるようになった、でもイイと言われるだけでは足りない、噂になり見るべきだと語り継がれるためにまだ追い込まねばならない。でも気づけば、ここにずっと会話したかった若者ができたではないか。講師という回路で繋がった教え子という立場の人々が。「先生はかっこいい女だと思う」といわれ続けたい具体的な対象をみつけてアタシはちょっと落ち着き、次の道を探りはじめた。アタシ、もうどっかの若い人を探さなくてもいい。桑沢の生徒がキラキラした目でみてくれるような作品をつくり、そういう女として年を重ねたい。そんなアタシの胸に感情が芽生え始めている。新作をそろそろ彫りたいなとそんなことも考え始めている。

Mokusaru2

今年の学生はパーティー用にピザ購入!頭がいい...。

Mokusaru3

ムサビ版画部で木版画を制作した鶴くんと毘堂先生。

Mokusaru

ぢょに★一家襲来!奥さんがデザイナーとして生きるための相談をうけたり

アタシが講師として機能してるか旦那が聞き込み調査をしてくれる。

息子カナト君はアタシが抱くとおお泣きでそのことを生徒にからかわれ続けてしまったわ。

21999285_1573426219_2

イタヅカくんの撮影してくれた一枚。この写真クールに見えて好き。

ちなみに彼はTOPの写真でお皿のっけてる青年。買い出しの飲み物を

一人で全部もってくれたりとてもやさしいのです。

21999285_1199029404_2

さらに撮影イタヅカくん。人が少ないのは彼よりも後ろに皆がよけたからです。

唄うパワースポットの宿命だね(笑)

|

« 水曜日にやる「或いは、なべて水の戯れ」という初2マンという挑戦。 | トップページ | シンシティお色気大作戦 »

コメント

先生がいるときにいきたかったー(◎´∀`)ノ
でも、昨日いっったよー

投稿: いも虫 | 2008年10月11日 (土) 20時43分

いもちゃん>このまえは返事できなくてごめん。ギフト受けとったよ!ナイスハロウィン!

投稿: ヴィヴィアン | 2008年10月12日 (日) 00時02分

ちっちゃなハローウィン!
ちゃんとわたってよかったわ☆
また、あいまそ〜birthday

投稿: いも虫 | 2008年10月12日 (日) 01時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 水曜日にやる「或いは、なべて水の戯れ」という初2マンという挑戦。 | トップページ | シンシティお色気大作戦 »