« ハコ代分担という対話の基軸について | トップページ | Girls,今夜も僕は君たちのことを愛しているよ。 »

2008年9月11日 (木)

恋愛以外の方法でいい女であると錯覚し続ける方法を模索したらこれしかありませんでした。

Dscf1410
いやー久々にやりました、PJオトナ買い。
試着5回くらいやって吟味したこの下着の数々!!

いまや懐かしい「だっちゅーの♪」のかがみこみポーズをした時に
鏡越しの自分の胸元にできる魅惑のデルタゾーン!!
我ながら興奮せずにはいられないTシャツの盛り上がり。

これでも桑沢の木版画授業期間の展示の打ち上げで
「女は身につけるものにグレード付けてナンボ、
下着はマルキューでPJが鉄板!!」
と酒の勢いで熱く語り
後日4名ほどの生徒をPJショップに走らせたカリスマぶりです。

アタシ、前彼と別れて3年、
さっぱりまともな男女交際から縁遠く
失恋ばっかして気づいたのね。

いい女であることと恋に破れるのは別物よ。

ゆえに最近は恋心がうずいてすぐの告白とかに
なんの迷いもなくなっちゃった。
むしろ失恋慣れしてどうしたら歌やMCにできるかと
落とし所を考案できる余裕さえできました。

女の美貌はつくりあげて維持してナンボ。
平均的な美の基準で自分のいい女度を依存する必要なし。

自分で自分に自信をつける戦いをする覚悟ができない女が
媚でもなんでも売ればいいんじゃないかなあ?
まあ若さは平等におとづれる価値ではあるのでそれ以外ない人が焦ればさ。



しかし......そんでも2万はさすがにイタイぜ。

--------------------------------------

ちなみに、今回のユメイマの参加枠もあと4人になりました。うふふ。

|

« ハコ代分担という対話の基軸について | トップページ | Girls,今夜も僕は君たちのことを愛しているよ。 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。