« 8/31(日)に出会える東京高楊枝その二、高哲典 | トップページ | 根本的に間違っているかもしれない。 »

2008年8月31日 (日)

三十路感謝祭タイムスケジュール及び開催コンセプト

080905
雨が続きますね。
知ってますか?誕生日って一番人間のバイオリズムでパワーが
おちてる日らしいです。だからお祝いしてその本人がドウツになるのを
阻止するんだとか。

そんなわけで、
気楽な気持ちで明るくいきたいと思いまして(今回ちょうど倒れたし)
今回のコンセプトは
ロッキンブギー&ダンシングブルーズ
もちろん出演者は厳選しております。
ヴィヴィアンをお祝いしにきたのになんだかすごく得しちゃった★
とやっぱり言わせないと。

タイムスケジュール
1) 19:00-19:30 3歳
2) 19:40-20:10 loach
3)20:20-20:50 JIGENN
4) 21:00-21:30 六九狂ヴィヴィアン
5) 21:40-22:10 THE BEAT GENERATION

構成はバンド→弾き語り→バンド→弾き語り→バンド
です。
一応主催者としては今回はパーティーのりを強くしたいので
会話がしやすく、見疲れしないという前回よりもライトな構成にしてみました。
場所をスモーキンブギにしたのも、ここはステージが客席と地続きってのも
ある。だからより一体感があるかなと。
転換の間には皆さんのところをまわって来てくれてありがとうのご挨拶を
したいと思います。

勢い的には一番最初の3歳がテンション高くてノリノリで踊れますわ。
美大に入ったけど行き場がなくて音楽にやけくそにエネルギーをぶつけてる
感じがかなりアツイ。あまりにも情熱的なブギー。あんたビビりますよ。
最高に酒がうまいです。

後半にいくにしたがってエッジのきいたガレージ感が増していきます。

loachさんは元スライダースというバンドのJAMESさんと一緒にライブやったり
渋谷APIAでワンマンやったりの実力派。
トム・ウェイツとベンジーやらその辺を愛していて、
たぶんあなたの弾き語りの概念が変わります。
金出してでも観に行きたい弾き語りは誰か?と言われたら
今はこの人しか即答できん。

JIGENNは7月のユニットで出た次元のバンドバージョン。
女性ボーカルでもミッシェル並みのガレージが成立する、という稀有な例です。
美人カッコいいが甘さがない。女の部分の出し方を突き詰めてるから油断が
無いんだ。これは驚くぜ。

で、誕生日ですからアタシだって30分演るわよ、

のあとで出るのがTHE BEAT GENERATION。この箱の主さ。
いこちさんの紹介文で彼らを今年のベスト3※と言いましたがそのもう一つですね。
良さの基準が絞れないからそれ以上は決めませんが
インパクト、エネルギー、アティテュード、全てにおいてパーフェクトだ。
あんたがリアルタイムでロンドンパンクに立ち会うことができなかったのに
嘆いているんならビージェネを見ろ、そしてそのまま目を離すな、
といいたいね。アタシはサエキケンヨーのボーカルを観た時に
ああ、もうジョー・ストラマーのリアルに会えないのを嘆くのはもうやめよう
でないと現在進行形の伝説を見落とすことになると思った、そんくらいのバンドなのよ。
(※ちなみにあとひとつはMY WAY MY LOVE)

プレゼントはいりません、その愛で友達を誘ってください。
メールくれるなら遊びに来て1バンドでも観てください。
そして
自分の行動であんたの妄想と概念を打ち砕いて
高楊枝バンドと共に生きる楽しみであんたの人生が
またちょっと楽しくなったと言ってくれ。

で、これで満足できなきゃ高円寺に行ってロザンナ企画と掛け持ちしてください。
両方行っても3000円だ(笑)。

アタシお人好し?いや違う、他のイベント紹介しても負けない自信があんのよ
この夜のブッキングにさ。

9/5(金)
六九共闘宣言Vol.6
六九狂ヴィヴィアン三十路感謝祭
OPEN 18:30 START 19:00
入場料¥2000+1drinkオーダー(¥500)
至:新宿2丁目スモーキンブギ
 

さらに余裕があるかた、阿佐ヶ谷8/31と渋谷チェルシーホテル9/1もよろしく。
コメント欄空けますので、ご来場予定の方参加表明にご利用ください。

|

« 8/31(日)に出会える東京高楊枝その二、高哲典 | トップページ | 根本的に間違っているかもしれない。 »

コメント

vivianneさん、はじめまして♪
loachさんのブログより飛んで参りました。
9月5日はお誕生日おめでとうございます。
1名予約をお願いいたします(*^_^*)

投稿: Shira | 2008年9月 4日 (木) 09時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 8/31(日)に出会える東京高楊枝その二、高哲典 | トップページ | 根本的に間違っているかもしれない。 »