« 8/16(土)インスピレーションバンド解説⑤BLACK VELVET LUCY | トップページ | 明日の終電情報とかいろいろ。 »

2008年8月15日 (金)

8/16(土)ヴィヴィアンの展示作品解説。

13835856_2030987287s
13835856_3805604377s
上:Third Fever 2004年作品
下:Fourth Fever 2004年作品

この作品を作ってもう4年もたったんだね、いや、まだ4年か?でもこの作品がもつ特別な感じってのは全く失われていない。版木にそのまま移しこんでしまったアラとかはわかるんだけれども。この版画はMixってクラブの個展用に作ったもので、浅草のサンバカーニバルで撮った写真が元になってる。Mixのエントランスくぐるとバーカウンターの後ろにサンバガールがばーっと並んでいたらクラブらしくあげあげの気分になるだろうとアタシは踏んだのさ。ちなみに写真は一緒に観にいった当時のアルバイト先の部長。これで版画を彫らせてほしいといったら喜んで提供してくれたっけ。パーティーに酒持って来てくれたの嬉しかったなあ。

 当時アタシは作品にメッセージを込めることに飽きてしまっていて、作品そのものの装飾性にこだわり始めていた。版木を彫ってそこにインクやら絵具を載せてそれを紙に写すという作業から、もっと自由さを求めていたんだよね。アタシの版画は死ぬほどいい加減だと思う。わざと墨がにじむように紙をびしょ濡れにしたり、何も彫ってない版木におおよそ手とか脚とか体のパーツがくる部分を丸して絵具を置いたものをすり取ったり。わざと紙側に厚く重ねた雲母を版木の水分ではがし取ったり、そういう一つ一つの技法を全部使うのにサンバガールのコスチュームはすごく良かった。版木という版木は二版もないけど工程的には8回くらいは何かしらやってるんじゃないかな。今これを再現しろと言われても無理だよなあ(笑)。Third Feverに対してFourthは地味なんだけど、アタシの中ではこの二つはセットなんだよね。勝手に親友になってるみたいな。でもゴテゴテしてないけどFouthはアタシの中ではいぶし銀な仕事なんだよね。

 で、どっちもクラブの暗い照明でばっちり光るように雲母をまいてる。こういうのはネットでも写真でもうつらない。アタシは生で見ることに価値がない作品を展示するのはアート界にも寄与しない最悪な行為だと思うんだな。なんでそこは意識してる。でもMixで観た時は抜群によかったんだよなあ。KURAWOODではどう映るんだろうか。装飾性もメッセージもなかったけど、いわせたい言葉はあったんだ。「FEVER!!」とにかく平面絵画で気分が上がるまで人の気持ちを揺さぶる、最高ではないか。言語を超えたかった。

 結局アートに課せられた使命なんて人の心を動かすことしかないんじゃないかと思う。理解する奴なんかいない、皆アタシについて語るつもりで自分を語り、それに気づかずにアタシを親友だといって興奮する。でもそれでいいのだよ、アタシたちは人を鏡にして生きていて自分の思想を深くする。いっちまえばアタシだって誰かにそれをやっている。そしてアタシは誰よりも深い核心と深遠に自分とその思想を永遠に追い込み続ける。でないと自分という入り口から普遍かつ共通の認識、プログラムで言うところの文字列に感覚を沿わせていくことができない。でもってその普遍的感覚から表現をしたり流れを組み立てなければグルーヴはうまれない。それを音楽と平面とイヴェントと文章とあといっちまえば鑑定だってそうよ、そういうのに応用してる。故にアタシは定期的な焦げ付きをおこしてしまうんだよね。でも宿命だな、アタシは知ってる、その負荷に耐えられなくなった時にアタシは死ぬ、で、たぶんそれには誰も気づかないんだと思う。闇よりも深く闇を照らすんだ、そして光よりも強く照らす何かを生み出し続けることに人生をかけるんだ。アタシはもうここでしか生きられない。

 でないとさ、普通なら遊びで済ませられるはずの何かの深みに落ちてしまった人生の馬鹿さをアタシは世間様に価値あるものだと嘯けなくなっちまうんだからさ(笑)。






|

« 8/16(土)インスピレーションバンド解説⑤BLACK VELVET LUCY | トップページ | 明日の終電情報とかいろいろ。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 8/16(土)インスピレーションバンド解説⑤BLACK VELVET LUCY | トップページ | 明日の終電情報とかいろいろ。 »