« 私も幸せになっていいのでしょうか?と聞くあなたへ。 | トップページ | ロフトハンパねえ! »

2008年6月11日 (水)

今夜は新宿ロフトなわけだが...

16092674_2404814491s
まだうだうだとセットリストを考えてます。
今日はある意味、コーシエンみたいなもんだから。

肩にのる負担額を聞いて音楽仲間は驚く。
バンド一個でもビビル額を背中にしょってる。
でもそれで余計に出るのは間違ってないって気分になった。

技術がつたないって事実は変えようがない。
でもバンドでやる気はなくなってる。
たった一人で100人の客を沸かせるチャレンジのほうが面白い。
それに、たとえ音数が増えてもバックと前の交流がぎこちなければ
ソロより伝わんないもんだ。
ぎこちなさは音より伝わる、認識はされないかもだけど。
だからバーンとやってガツーンと来る人がでるまでバンドは考えない。

集客不足は金で解決する問題、
来ないのは価値を見抜けない客のセンスの問題。
観たいって思った時にアタシが音楽やってないのを責められる理由はないよな。

上の傲慢な言葉を言い切るために必要なのは別に技術じゃなくてもいい。
空間に満ちる気を打ち抜くのは自信だ。
売れたいんじゃない、勝ちたいんだ。
だからバンドや他のミュージシャンがしり込みしても
アタシなら飛べるもんは全部やる。

「その額を背負う意味がみつけらんなくて」
バーカ、意味なんてねえよ。
それをやったあとの未来の行動で定義するもんだ、意味なんて。

最近あいさつの時にギターを背負うのはやめました。
代わりに両手を広げます。
「ヤレルモンナラヤッテミロ。」
アタシの世界はアタシのもんです、楽しんできます。

というアタシがみたい方は一応ブログ見たといっても入れるように
交渉しておきますね。


|

« 私も幸せになっていいのでしょうか?と聞くあなたへ。 | トップページ | ロフトハンパねえ! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 私も幸せになっていいのでしょうか?と聞くあなたへ。 | トップページ | ロフトハンパねえ! »