« 六九狂オープンマイク第二夜開催決定! | トップページ | 7/21(月祝)アピアトリ »

2008年5月20日 (火)

繊細とは罪か?

繊細とは罪か?
 この前自分久しぶりに客になって鑑定受けたんですよ。いやね、自分の恋愛で。アタシの見えるものと相手の態度が180度ばかり違いまして。能力が落ちたとなれば転職も考えないといけないからさ。そこで鑑定師の彼女にあったのさ。

 彼女は魅力的な鑑定師でまた話したいと思ったよ、年齢も近かったし。ところがだ、異変に気付いたのは3日後かな。相手の守護神がアタシに話しかけてきたのさ。

 どうしてもと言うからさ、電話したさ、お金払って。彼は彼女にずっと繰り返したさ「お前が身を投じてどうする、お前はその愛をたくさんの人々に分け与える人間だろ」と。そんときは意味がわかんなかった。そしてそっからは友達になった。でもその意味がわかるまでに1ヶ月かかんなかった。

教祖的な恋人に殴られながら軟禁状態にある、

と告白された時、アタシの頭はまっ白だった。現実に自分の身近にこんなことが起こるだなんて。御守護さんはその状況に相当やきもきしてアタシを伝令に飛ばしたんだな。しかし彼女には口止めされた。

 説得したさ、殴られながら祈られる幸せになんの価値があるんだよって。このままじゃいけないと知りつつ恐怖で動けない彼女に「あんたが自分の夢を描けないならあんたが見たアタシの未来だっつーフジロックのバックステージにあんたを入れてやるから出てこい」とか馬鹿な約束もした。

 アタシは苦悶してた。信用筋に電話相談したし意見も聞いた。彼女の何かも尊重したかったけどアタシは結局引っ越し段ボールを投げ打ってありったけの身分証明を持って彼女の親に会いに行った。そして夜には警察に。なんて人生だって思った。なんで恋愛相談して警察にいくことになるんだと。ハハッおもしれえ。でも守護神の
話は隠したよ。現実的であるためにノンフィクションをフィクションに直さなきゃいけないのはこの仕事ならではだね。

さらに2日後にパニックした彼女から電話があった。「どうしよう親が」ってあの子にアタシは言った。「アタシがしゃべったんだよ」とアタシは冷たくいい放つ。「どうしてよ、こんなの違う!」と怒号の彼女にアタシは言った。「逃げんな」と。全うに対話して未来を勝ち取り一人の人間としてまず生きろ。しかし伝わんない。証
言をひっくり返ししまいに彼女はガキみたいに「だって」を繰り返すんでアタシはキレた。


「時期とかタイミングとか抜かしてんじゃねぇ!!てめえ幾つだよ!」


言いながらこれ以上の自己否定は今だかつてないなと思った。こうして彼女との連絡は途絶えてしまった。

 かなりの日数がたった。気付いたのは、実は自分が傷ついていることだけだ。アタシが悪かったのか、とか、いや一人で乗り込んでアイツを奪還しようか、とか。向ける場所なき怒りが身をよじる。フラッシュバックする、物を衝動買いする陰に、はしゃぐ陰に、電話をかけたくなる陰に取り残された人間不信の感情がしのびよる。


 いつもスゲエ好きだと近づいてくる人を好きになって一生懸命になった辺りで最悪な言葉で別れを告げられる。人の為なんてエゴさ。けど、誰と話してもいつかは去られる気がする。日常がたちいかなくなって世の中は信用しないと生きづらくなることがわかる。誰かの不幸と比較しても無理だ。だってアタシの悲しみはアタシのも
のでしかないのだから。ひとつ分かるのはアタシ多分また歌がうまくなる。

 繊細さは罪か?ならばよかろう。裏切ってくれよと笑うにはまだ幼いから、やめたいんなら霊感商売捨てて逃げても構わねえぞと許しながらアタシまた暫し潜る。で、ギター弾こ。人間不信でも構わん。音楽はアタシを裏切らぬ。

写真はメロンパン。
元気出すつもりで買ったがすでに半壊。
人生こんなもの。  

|

« 六九狂オープンマイク第二夜開催決定! | トップページ | 7/21(月祝)アピアトリ »

コメント

第三者の目から見て、その対処は
間違ってなかったと思います。

投稿: 総裁りーだー | 2008年5月21日 (水) 14時21分

りーだー>やっと復帰。最近同じようによく励まされます。ありがとう。結果は御上のみぞ知るですがそう祈ってます。

投稿: ヴィヴィアン | 2008年5月24日 (土) 10時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 繊細とは罪か?:

« 六九狂オープンマイク第二夜開催決定! | トップページ | 7/21(月祝)アピアトリ »