« カテゴリーわけされる純情の称号よりも僕だけが書ける地図をくれよ | トップページ | 08年最初の木版画仕事。 »

2008年3月15日 (土)

真実は表面じゃない、血の中だ。

真実は表面じゃない、血の中だ。
グレッチに持ちかえた事で
ただでさえ危うい技術が
30歩ほど後退しているにも関わらず来てくれた皆さん
ありがとう。

何故かお客さんが増えてます。


で、ライブで魂が抜けてるのを良いことに音づくりをしてたのですが


わかったよ!


うちの銀龍丸(グレッチ)をギターだと思ってたのが間違いだった!


奴は現代型六弦三味線なんだよ!


あとはそれをヒントに魂が扇動される音色を選んだらあっさり決まった。


あとは今後必要に応じてエフェクターを咬ませればよいかと。


いや、考えるのはむしろ
三味線的アプローチと銀ちゃんの接点の追究か。


とりあえず、ロックにするというアプローチを棄てよう。


いつだってそーだった。
アタシがロックになろうとしたんじゃなくて
人がアタシを勝手にロックと呼んだのよ。


アタシに分かるのは
アタシが骨の髄までジャパニーズである、
そんだけデス。

|

« カテゴリーわけされる純情の称号よりも僕だけが書ける地図をくれよ | トップページ | 08年最初の木版画仕事。 »

コメント

ロックであれ演歌であれ、魂を揺さぶる音が
聴きたいから、そして何よりもヴィヴィアン
さんに会いたいから、またライブに行きます。

投稿: どぶねずみ男。 | 2008年3月15日 (土) 19時31分

カテゴリーは批評家に任せておけばいいよ。
グレッチの爆音ギターと言葉のバトルが見たいな。

投稿: まろ | 2008年3月16日 (日) 12時15分

どぶさま>ありがとう。この前は途中まで一緒に帰れてたのしかったです。またおあいしましょう。

まろさま>ご来場ありがとうございました!!爆音を許してくれる箱をえらばなくっちゃね!

投稿: Vivienne★ | 2008年3月16日 (日) 13時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 真実は表面じゃない、血の中だ。:

« カテゴリーわけされる純情の称号よりも僕だけが書ける地図をくれよ | トップページ | 08年最初の木版画仕事。 »