« 最新音源。(08年1月16日) | トップページ | あやまちは早く直すにかぎるだがしかし、 »

2008年1月22日 (火)

繊細なくせにみてはいけないものをみた私と鑑定のオハナシ

K3200019

 江原さんのバッシング日記がいっぱいあがってる。これは下手すっと数年後のわが身だなとおもうと暗澹とするわ。 だって将来、唄でスペシャにレギュラーもって「体育館裏の泉」とかやりたいんだもん。 学ランきてリーゼントのズラかぶって霊視するとゆーアナーキー番組を。 腐った魚みたいににごった目で 「あん?にいちゃん、お前の後ろのばーさんだれだ?」 とか言っちゃうの。煙草すいながら。 椅子の代わりにバケツに座るんだよ、聞くほうも観るほうも。
 
 まあ
...何がいいたいかというと、万が一同じようなバッシングに僕があったときにあなたが飲み友達くらい近い距離にいる人間なら傍観しないで電話とかして助けてくださいお願いします、ということです。でないと感受性が強い性格は変えられないから多分僕、崩壊します。 もう雑誌にも見えるってけっこうのっけちゃった以上僕も逃げ場がないんすよ。胡散臭くみられるのは一生ついてまわるからせめて僕が見えないもんがみえることが役に立つ人に一人でも多く会う事で僕は僕自身の因果な存在をうけいれたいんだわ。
 
 で、ここからは
KYもいいかんじで鑑定の宣伝。ちょっと最近頻繁に「あんたの鑑定って実際なにやってんの?」といわれるんでさ。ウチの鑑定所で初回スタンプが押されて一万いかないラインの30分をMAXとして話すと(うちは102100円で、あとはそれを10分ごとの区切りで加算。30分だと6300円だね)
 
 僕は結縁さん仕込みの名前をヒントにビジョンをみるという姓名透視法を軸においてます。
紙に名前を書くと、どうもそれがスイッチになってその人の生き癖がたとえ話みたいな画像になって透けて見えてくるんだわ。で、それをもとに僕は「その人の個性をその人がいちばん魅力的に見えるやり方で社会に必要とされ」同時に生きがいを感じられる人生を展開するように相手と話し合いながら鑑定します。
 音楽で言えば ○○はあんたの生き方のテーマだから、これを歌う唄ができたら
勝負かけていいよ!、だとか、仕事なら ○○という生き方に沿った仕事は××だからいいんじゃね?とか どうせなら△△って部署をめざしたら?というアドバイスができる。 あと、芸名がもたらす他人への印象とか自分への心理的な影響もたとえ話みたいに伝えられるかな。 僕がしょっちゅう芸名を変えるのは実はこの辺をみてその時にあった心理の即した名前を 選んでるからなんですわ。自分で実践しないと人さまになんかとても偉そうに提案出来ないからね。
 
 で、依頼人の名前を観て欲しいある対象とつなぐとその相手の気持ちみたいなのが
みえるのね。で、それをみながら片思いの相手が今自分をどう思ってるか?とか今相手が必要としてるのはどういう人か、とか会社でうまくいかない○×さんとの人間関係とその対処法とか応募したバイト先の採用勝率とか派遣先の相性とかをみてます。僕の場合はライブハウスと自分の相性をみて鑑定のトレーニングしたりしてますが。
 
 あと興味深いのは依頼人のバンドのメンバーを全員線でつないで人間関係をみたりするとき!
Aクンは将来化けるからこうほめて伸ばそう、とかベースのBとドラムのCの意思の疎通がいまいちかもだから気をつけようぜとか話してたら熱くなってしまう。
  
 大体ここまでの片方で(自分の本質と人間関係のどっちか)
10分。両方なら20分が目安かな。ただ10分のときは相当に詰め込んで話すので真面目です。リラックスした美虎語録を引き出したかったら20分が安心かな。
 
 で、その人の精神状態とかと予算をみながら状況と場合によってその人にゆかりのある神仏だとかついてる人の言葉とか前世のエピソードとかオーラとかを話に織り込み
30分。タロットとか花札はその時点で近未来におこる出来事とか、学ぶべきこととかをさらに具体的に話さなきゃいけないときに使ってます。
 
 さらに30分の人は時間に余裕があるので天使のカードと言うおみくじみたいなものを引いてもらって終了。もしくは、このおみくじカード+僕のおしゃべり解説つきで10分でかえるってのもありかな。けっこういる、このタイプ。

鑑定における僕のモットーは
一に洞察、二に考察、三・四適当、五が預言。 
あ、このばあいの適当は、その人にあったものを柔軟に選ぶと言う意味ね。

多分霊能力の凄さで見せ付けるなら順番的に5が一番だとおもう。
でもさ、僕は僕ナシでは生きていけない人はこの世に出来るだけつくりたくないんだよね。なんとなく自分の勘(第六感といおうが動物の勘といおうか)を信じて大丈夫っていうのを自分のサイキックで背中を押してあげたい。自分を信じて大丈夫だし、あんたのやりたいことはこのアプローチならきっとうまくいくとかそういうのを第三者的に伝えたい。
 
 スピリチュアルを信じてしたがって生きるのはエスカレーターで自分のちからで考えて進むのを階段を登るのにたとえるとしたら鑑定における僕のスタンスはエスカレーターにのって歩く方法であったりもしくは階段とエスカレーターを乗り換える時期を予測して歩みがとまらないように体力を温存するやりかたをつたえると言えるかな。どこでもドアはつくらないです、足の筋肉が退化するからね。

 
 自分が一番すきな自分らしさで世の中に必要とされて生きるのが一番人間充実すると思うわけさ、やっぱり。そういう生き方を少しでも支えられるならこの因果な個性も少しは報われるさね。興味のある人は美虎モードの僕にふらっと会ってくださいな。
たまにお菓子持って冷やかしにきてくれるお友達もいるし電話番の兄貴は車に詳しくて相当面白いし。

アドレスはこちら→http://www.la-miste-yasuragi.com/facing/13.html
火曜日と木曜日の18時以降にまっちょります。

|

« 最新音源。(08年1月16日) | トップページ | あやまちは早く直すにかぎるだがしかし、 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 最新音源。(08年1月16日) | トップページ | あやまちは早く直すにかぎるだがしかし、 »