« KIDS-KISS-KIDS | トップページ | 明日は駒込で今川勉さんの個展ライブに出演。 »

2007年10月25日 (木)

音楽に人生かけるなんて茶番にすぎない。

071016_2336001

オレサマこと鑑定所のアニキが誕生日プレゼントに傘をくれました。こういうささやかなプレゼントが得意な人です。傘の先には豚がついてました。「美虎先生はなんか豚だった。」という部分をつっ込まずにやり過ごすためには、彼が次に言ったステューピッドじゃなくてステューピッグな感じってところをバカみたく強調して遊ぶしかありません。愛情は時々とんでもない馬鹿の皮をかぶって立ちあらわれるようです。

 に、近いか遠いかは別ですがエイミーワインハウスって女の人のCDを買いました。一曲目から声が舐めてました。意味がどうとかそういうレベルの話じゃなくてこの人は人生を舐めているなあとつくづく思いました。10代から酒と男とか、ライブを時々すっぽかすとかその辺が彼女の宣伝文句になってますけど、たまらなくいい。ついで言えば彼女のポートレイトの胸の谷間がバックリしてるところもコメントしづらくてそれがまたいい感じです。話がいきなり変わりますが、フリー雑誌でどっかのライブハウスの支配人?の息子が親父の店を手伝った感想として「音楽は趣味の要素が必要で人生かけてるやつはつまらん」みたいなニュアンスを話したのを読んだ事があるんです。その時は夏で僕は人身事故に巻き込まれながらも遠征とかまでして音楽をやってた頃だったんで「な、なにを~」って思ったんですが、エイミーを聞いた後ではなるほど納得ガッテンガッテンです。

一点集中しすぎてる奴にとって全体を捉えてその上で自分の声を載せるとかそういうのって確かにわかりづらい。もっといえば歌って言葉自体訴えるということから来てるらしくて、歌が宗教行事であった経緯まで考えたり、民話とか童謡のレベルで考えると歌で金をもらって生活するとかライブノルマ埋めるとかってのもとんだ茶番かもしれません。一緒に夕焼け小焼けの赤とんぼ歌ってたみよちゃんがある日突然「あたしの歌うまいでしょ、聴きたいのならお金頂戴。」って手を差し出すようなもんです。人前にでてお金もらって其処に価値を持とうとするなんてやっぱ厚かましさMAXかもしれない。考えてみればブルーズだって境遇の愚痴を音楽にしていったものだという過程を踏まえたなら、やっぱ音楽で通じるっていうのは本職の余分のわき腹の贅肉部分の心の隙間みたいなとこにスポッとはまるから仕事頑張れたり心の支えになれる類のものなんでしょう。そう考えたら僕も芸術の部分は副業にうっちゃって本職がほしくなりました。やっぱゆくゆくの肩書きは主婦でしょうか?結婚願望が大きく膨らんだところに青木さんも結婚したしね、大変ですよ。

ちょっと前に鑑定所の近くにあったボクシングジムの見学にいったんです、帰り道僕は考えました。「何ゆえに殴りたいのか?」と。護身とか体力増強とか例は浮かんだけど、自分の内心が語ったものはもっとシンプルでした。「殴りたいから殴るんだよ。」そう、人を殴りたい気持ちに理由なんかないかもしれない。そう考えたら生きてるとかその辺のことにも理由はないかもしれない。自分探しは相変わらず流行っているけど、多分僕は自分探しの旅の過程で得るものは、時間を置いたことで達成される感覚の平穏とか安定だとかその辺だと思います。正常に戻ってノーマルになったのを人は発見だと勘違いするのではないでしょうか?そんな僕が愛しているのは養老先生です。「人間の自然の一部だから自然同様移り変わるのに、人間だけが普遍で自然だけが移り変わると錯覚してる」という言葉はズシッときました。病気を持った友人たちはいつも存在で僕に教えてくれます。「なんでも出来るとか思ってるみたいだけど所詮人間にできることなんて限られてるぜ?」そして僕はカッカッカッカアアくらいに恥じて何でも出来るはずなのに出来ないといった類のおごりを棄てるのです。さて金曜日僕は今川さんの希望になれるのでしょうか?

|

« KIDS-KISS-KIDS | トップページ | 明日は駒込で今川勉さんの個展ライブに出演。 »

コメント

平凡こそ非凡。
矛盾してるように聞こえるかもしれないけど
俺の場合、最終ゴールが「平凡」
…って説得力ねぇなぁ。
でも音楽に踏み出す時、友人達を
全て納得させただけのロジックはあるんだが。

ま、どうでもいいが
養老先生ってまさか解剖学の…

投稿: yohey | 2007年10月25日 (木) 02時11分

>でも音楽に踏み出す時、友人達を
>全て納得させただけのロジックはあるんだが

...だから駄目なんじゃないの?
確かにロジックは大事だよ。
基本も理論もカホンもあったほうがいいよ、
世界が広がるしさ。

でもさ、芸事って夢を売る商売で
それってやっぱ謎っていうかなんだかわかんない
って部分だと思うんだよ。

童謡は歌詞も簡単だし、音符だって簡単だ
でもなんでかわかんないけど
人は歌い継ぐし心にしみる。

わかんないから分析したくなるし
結果的に引き込まれる。
なのに最初から種明かしてどうすんの?

ソクラテスでさえ無知の知っていってるのに
わかったつもりで音楽に携わろうとしたり
わからないを共有しないのっておこがましいとおもうけど。

君はMCでしゃべるなといわれるっていってたけど
それは君の世界に入り込む準備してワクワクしてる
客に対して手の内を明かして
しらけさせるからじゃないのかな?

いわば潮干狩りにきて自分なりの勘で貝を探りたい人たちに
最初から貝がある場所を教えてしかも丸みせの状態で
おいてあるみたいなもんよ。

理屈を越えてどう思われても関係ねえとか
道思われてもいい自由を客に与えられる余裕を持つまで
血反吐吐いてでも唄うしかきっとないんだろうね。

ま、頑張りましょうや。

養老先生はあの解剖学の養老先生です。
バカの壁は銘著だわ。

投稿: Vivienne★ | 2007年10月25日 (木) 12時48分

あ~また誤解を招いてもーたよ(涙)
多分、ビビアンは
「俺の音楽が友人達を納得させれるだけのロジックを
持ってるんだぞ」
と言ってるように受け取ったんやな。
んなわけない(笑)
俺は楽譜読めん人ぜ?(笑)

俺が言ったロジックってのは、
最終的に自分自身が求めてるのは
「平凡」なのに
どうして「音楽で一発当てるぞ!!」
みたいな道を選んでるのか、
っていう所。

「平凡な生活を望んでるのに
音楽でビッグになりてぇ」
なんて一見矛盾してるやろ?

でもそれが、自分の中では
全く矛盾してないんだよって事を
友達に分かって貰うためのロジック。

音楽は、俺の場合俺が好きだと思う事を
追求するのみ。
だって、人には人の好みがあるから
どんな理論で説明してたって
好きなもんは好きだし、嫌いなもんは
嫌いやからねぇ。
それでも、自分が必死で自分の好きなモノを
形にした結果、それを好きだと言ってくれる人が
出てきてくれたらいいなぁと願いながら
音楽やってるんよ。

…にしても、よく俺が喋った事とか
覚えてんなぁ。凄い記憶力。
言った本人はすっかり忘れてたよ。

投稿: yohey | 2007年10月25日 (木) 23時19分

僕は平凡だよ。
ただ人よりやりすごせないものが多いだけで。
語り屋は好きじゃないんだよ。

男はだまってハイライト。

投稿: Vivienne★ | 2007年10月26日 (金) 01時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« KIDS-KISS-KIDS | トップページ | 明日は駒込で今川勉さんの個展ライブに出演。 »