« お金問答。 | トップページ | 命とかギターとかその辺のこと。 »

2007年10月14日 (日)

時には夢は支えあい☆

071011_1108001
写真はプラットホームでの支えあいの風景。

10/15 浅草KURAWOOD ライブ
10/17 渋谷36.5℃ ライブ
どっちも一番手だぴょん♪

 黒川紀章さんと若尾文子さんの最後の会話っていうのが泣きそうですね。「若尾は日本の宝」といって女優を続けさせるなんて配慮たまりません。黒川さんのご冥福をお祈りし、若尾さんの心の痛みが少しでも和らぐようにお祈りしています。そんな僕が今理想とするダーリンはイタリア人です。何故なら僕は始終愛するダーリンに「君は綺麗だ美しい、才能あるよ!!」と全世界が否定しても言われ続けたいからです(死ぬまで)。自分の世界って案外狭いもんだと僕は思うのですよ、実際に関われる人間の数だって日常的レベルで考えてみれば10人もいないかもって思うんだな僕は。だったらその周りをそんな自分を力強く応援してくれる人で囲んだらきっと自分は迷わずにじっくり自分をポジティブに育てていけるんじゃないか、そんな気がしてるのです。自分の信念をたった一人で育てていくのは実はすごく大変な作業だと僕は思う。それが出来るのが一流かもしれないけど、やっぱ無理っていってもいいと思うのよ。お互いの理想が崩れそうになったときに「あんたってこんな人だったじゃん?そこが素敵なんだよ。」っていってもとのその人らしさに返してあげあえることって熱いなあと思うし、そういう熱さはお互いの弱さを認めた瞬間にうまれる絆だとも思うのです。と、僕はピーチジョン社長のミカジョンのエッセーを読んで激しく共感したのであります。ミカジョン、会ってみたいなあ。

 「あんたこんな人だったよ。」と最近教えてくれたのは僕の幼稚園時代の友人でした。彼女は三年前くらいに展示に来てくれるようになってたんだけど、僕がサイキックの仲間入りをしてたあたりで少し疎遠になってたの。で、最近また葉書をくれるようになって、先日の展示ラッシュのときに遊びにきてくれたのでした。たまたま会場には人がいない日で相変わらずすらっとして美しい彼女と二人きりでゆっくりとお話をしたんだな。で、彼女が言うことには「幼稚園時代って友達がほかにいっちゃうと一緒に自分がやってること中断してついていっちゃうじゃない?でも彩ちゃんはその場で黙々と作業続けててなんかそれをいいなって思ったの。」だって。おお、まったく記憶にないけど、もう小さい頃からゴーイングマイウエイ?って事実にびっくりしちゃったよ。でついでもって、4,5歳からそんな風に人を観察してた彼女自体もよっぽどオマセじゃん!と驚いた。で、そのオマセさは立派に人に配慮できる優しさになったってところが彼女を僕が素敵だと思うゆえんなのさ。展示の案内もらったけど伺えないからってドラえもん電報送ってくる人なんか初めてだったもの。で、そんなオマセな彼女が今やってるのはグラビアモデルさんなのです。三年前はいったんそのお仕事をやめてお勉強を始めたって所だったから僕はその仕事を再開した理由っていうのに興味津々だったの。

 「勉強は今でも続けてるし、保育士の資格は欲しいのよ。」と真昼間から僕が注いだチューハイに口をつけながら彼女はくっきりと微笑した。「でもね、やっぱりモデル、やりたいと思った。でも年齢的には難しくなってたのは確かだったからさ。だけどだからやろうと思ったの、最初から駄目で元々なら駄目だった時に諦めがつくじゃん?」そしてそんな気負いのない雰囲気が良かったのか、めでたく彼女は再びモデルに復帰し、ラウンドガールなんかをやってるわけさ。その後は魅力的な胸の谷間の作り方、とかを伝授してもらって盛り上がっちゃったんだけどね。久々に女の子をカッコイイなと思ったよ。てか幼稚園時代に彼女と繋がれた奇跡をありがたいと思いました。ちょっと最初の書き出しとはニュアンスが違ってるかもだけどちょっといい話だったからみんなに紹介したかったんだよね。やっとかけてよかったばい☆

|

« お金問答。 | トップページ | 命とかギターとかその辺のこと。 »

コメント

 写真、お孫さんと共に電車を待つ秋の一時。なんだかとても優しさと寂しさを感じさせますね。

投稿: chicken87 | 2007年10月14日 (日) 20時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« お金問答。 | トップページ | 命とかギターとかその辺のこと。 »